SKE48木本花音「第一党になって何かできたか?」総選挙にかける思い
速報も発表され盛り上がりを魅せているAKB48シングル選抜総選挙。今回で6度目の挑戦となるSKE48木本花音は、ファンとの絆を強く感じている。 ―総選挙が遂に始まりました。 木本花音 今年は一番思いつめていないというか…もちろん、頑張りたいという気持ちはあるんですけど、今回は同期(4期)で去年までランクインしていたメンバーが卒業したり辞退したりする中で、SKE48の4期生として頑張りたいなと思っています。4期生の私が頑張ることで、SKE48にも還元できると思いますし、4期生代表くらいの気持ちで挑みたいと思ってます。総選挙は、どのメンバーにもチャンスが有ると思うので楽しみです。 ―順位としてはどこを狙っていますか? 木本花音 やっぱり、選抜メンバーは狙って行きたいです。選抜が無理でも、アンダーガールズまでに入れたら、ファンの皆さんと喜べるかなと思います。 ―SKE48は、「ピンチ」であるとメンバーからも聞こえてきます。 木本花音SKE48メンバーのみんな感じていることだと思うんですけど、(松井)玲奈さんや宮澤佐江さんが卒業され、いままでSKE48を支えてくれていた先輩方が卒業されて…。でも、7期生・ドラフト2期生とこれからの活躍が期待できる若手メンバーも加わって、メンバー全員が同じ意識を持って活動できていると思うので、ピンチなのはピンチだけど、コレをチャンスに変える勢いで頑張ったら、AKB48さんを越せるくらいの勢いはつくと思います。 ―総選挙では、実際に去年はAKB48の議席を超えています。 木本花音 去年は第一党を頂いてすごく嬉しかったです。今年も第一党になれたら、何か出来たらいいなって思うんです。例えば、「打ち上げライブをやります」でも良いですし、本当に小さいことでもいいから総選挙後に、ファンのみなさんと何か楽しめることが出来たら良いなと思っています。 ―今回の総選挙で、SKE48は変わると思いますか? 木本花音SKE48のファンの皆さんって、団結力がすごいと思うんですよ。総選挙をキッカケに、ファンの皆さんと一致団結してSKE48としてなにか大きなことができたらいいなと思います。熱さはどこにも負けないと思いますので、頑張りたいです。 ―ライブ後に投票ができる様になりました。 木本花音 48グループとしても、新しい試みとなっていますよね。総選挙に向けて、構成もスタッフさんとメンバーが一緒になって考えているんです。いままでそういうことはなかったので、楽しみです。総選挙に向けてすごく気持ちも入ると思います。 ―木本花音、個人としてはどうアピールしますか? 木本花音 人数が多いので、ライブでアピールするのはすごく難しいと思うんですけど、以前HKT48も兼任させて頂いて、HKT48ファンの皆さんにも名前を知っていただいていると思うんです。そういう所を活かして、アピールしていけたらいいなと思います。ライブの演出も一人ひとりが目立つように考えているので、このライブでしか見れないステージを披露できるかなと思います。 AKB48総選挙特集ページはクリック