指原莉乃がHKT48メンバー総選挙順位を大胆予想
HKT48メンバーが出演する深夜番組「HKT48のおでかけ!」(TBS系)。6月2日放送では指原が急に番組ホームページが地味だと言い出し、スタジオ収録中にMC二人がiPhoneで自撮りをし、その写真をホームページにアップすることに。何枚か撮影するが、なぜか後藤輝基は不意打ちで撮影してしまった指原のブス写真をアップしろと譲らない。トークコーナーでは、後藤の誕生日が総選挙の当日ということで「私の連覇をプレゼントします」と指原がいうと「うわ、気持ち悪い」と笑いながら拒否。 本編では「崖っぷちメンバーが総選挙、指原、卒業」について激論。居酒屋に集まったのは、下野由貴、植木南央、村重杏奈、今田美奈、本村碧唯の5人。お茶で乾杯をすると、早速総選挙についてトーク。 去年は本村、植木以外は圏外だったメンバーたち。2014年のランクインから圏外へとなった村重は「悔しがる価値ないなと思ったもん。いろいろあった一年だったじゃん、だから悔しいと言ったら他のメンバーに失礼じゃん」と話すと序盤から号泣。釣られて本村も涙。圏外しか経験のない今田は「あってもなくても…かなと思うけど、泣いているメンバーめっちゃいてさ、見ているこっちも辛いし、批判的になる時もある」と話す。最終的にはどのメンバーからも「ファンとの絆を感じるイベント」だと結論が出て次のテーマへ。 テーマは「指原莉乃」。植木、今田は賛成、本村、下野は反対、村重はどちらでもなかったと話すが、実は村重は泣きながらメンバーに初めての挨拶をした指原を「守ってあげなきゃ」と思っていたというエピソードを話す。今田は昇格した時に泣きながらハグしてくれた指原との思い出を「HKT48入って一番の感動だった」と話し、指原への信頼を語る。 「後輩」について。舐められやすいという参加メンバー。村重は「同期と先輩、後輩って違う」と話しながら「村重たちも背中を見せられていないところがダメなんだけど」と反省も。 最後は「卒業」。このメンバーだとリアルにならない?と笑いながらも、今田は「私いなくても…と考えると止まらなくなるけど、大学も行ってないしやめたらニートじゃん」と現実的な意見。本村は自分にダンスしか取り柄がないと話し卒業を考えた時も「ファンのために一回頑張ってみよう」と踏ん張った過去を告白。 VTR後、指原も「全員が全員思い通りにならない世界」だと話し、この子たちだけが可哀想と思わないとしながら「この子たちが全力でファンを掴むために努力しているかというと、そうではないと思う」と辛辣な意見も。 指原が総選挙では本村は52位と予想。理由は、「2年前ほどの勢いはHKT48には多分無いんじゃないかなと、HKT48もメンバーが増えて、なんとかいれさせたいメンバーが増えているんです。かといって、碧唯たんは毎回選抜入りしていたんですが、今回はじめて選抜落ちしたんですね。ということは碧唯のファンはめちゃくちゃ頑張るんですね」と評論家もびっくりの予想をした。 写真(C)AKS