BiSHハグ・ミィ脱退 涙のラストステージ
BiSHが赤坂BLITZにて渋さ知らズオーケストラと2マンライブ「BiSH presents ~地底からコンニチワ~」を開催。開演前からこの日の公演を最後にBiSHから脱退するハグ・ミィのラストステージを一目見ようとするファンで会場は超満員に埋め尽くされた。 まずは渋さ知らズオーケストラのステージが始まり、30人を超えるメンバーが赤坂BLITZの会場を熱気に包み、BiSHメンバーもステージで共演し、大盛況で幕を閉じた。SEとともにBiSHが登場すると1曲目の『beautifulさ』から『OTNK』『DEADMAN』『MONSTERS』など人気曲をMCなしで10曲連続で披露し、『サラバかな』で本編終了。 ハグ・ミィのラストステージということもあり、会場は異常なまでの盛り上がり見せ、鳴り止まないアンコールの中、BiSHのメンバーが再度登場するとハグ・ミィから「1年間、宇宙で1番幸せな夢を見れました」とファンに向けた感謝の言葉が語られた。その後、『ALL YOU NEED IS LOVE』を6人で披露し、会場は涙に包まれた。 ハグ・ミィが深々と頭を下げるとステージから去り、5人で今後の決意を見せつけるかのように『BiSH-星が瞬く夜に-』を披露しイベントは終了した。BiSHは5人体制で6/4より始まる全国ツアー「Less Than SEX TOUR」に臨む。この日決意を見せたBiSHの今後の活動からも目が離せない。