昼間は現役ナース!シンガーソングライター 瀬川あやかがメジャーデビュー
昼間は看護師、夜はシンガーソングライターとして精力的に活動している瀬川あやかのデビューシングル『夢日和』のミュージックビデオが、公開になった。 北海道富良野市出身の瀬川は、大学時代にミスキャンパスコンテストで準グランプリを獲得しているほどのキュートなルックスをもち、現役看護師としても都内で勤務するシンガーソングライター。 TBS系テレビ「CDTV」6月度エンディングとしても決定しているデビュー曲『夢日和』は、アーティストと看護師という2つの夢を抱いていた瀬川が、どちらかひとつを選ぶべきなのかを悩んでいた時に、自分で自分の限界を決めてしまうのはもったいない、不安な気持ちは飲み込んで、看護師もアーティストも両立させていくんだと決めた頃の気持ちを描いた曲。 ミュージックビデオでは、瀬川本人以外の全てがパネルに描かれた世界で、迷い、葛藤しながらも前に進んでいく決意をキュートな世界観で描いた作品だ。「悲しみや迷いを歌った曲であっても、最終的にはしっかりと前を向いた気持ちを歌いたい。日々のツラさが和らぐような、希望を与える歌を歌いたい。テクニックよりも感情を大切に考えた歌で、聴き手にそっと寄り添っていきたい。」自身の歌に関して、そう語る瀬川の想いが詰め込まれたデビュー曲は、看護師として働く彼女だからこそ描ける歌であり、一番大切にする“人”への思いが溢れた1曲。ぜひ一度聴いてみてほしい。瀬川あやか『夢日和』Short ver. https://youtu.be/b2_EwNVhZJ0 なお、デビューシングル『夢日和』に収録された、アップテンポでサビが印象的な「はりーあっぷ」は、STVテレビ(札幌テレビ)『熱烈!ホットサンド!』(毎週土曜23:30より放送)の6月・7月エンドテーマに決定している。こちらも要チェックだ。