THE ALFEE 50作連続TOP10入りの快挙!「正直な話、ホッとしています」
今年デビュー42年目、還暦をこえてなお第一線を走り続けるバンドTHE ALFEE。 そんな彼らの5月25日に発売されたニューシングル『今日のつづきが未来になる』が、5月31日am4:00に発表された6月6日付オリコン週間シングルランキングで3位となり、同ランキングにおいて、50作連続TOP10入りという偉業を達成した。 今作「今日のつづきが未来になる」は、THE ALFEEにとって通算65作目のシングル。 日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」のエンディングテーマとして4月よりOAされておりお茶の間にも浸透し、更に今年3月31日からスタートしたワンマンツアー「Best Hit Alfee 2016 春フェス」でも披露されており、ファンにとっては新曲にもかかわらず定番の1曲となっている。 50作連続TOP10入りは、1983年6月発売の「メリーアン」から記録を重ね、2014年8月発売の「英雄の詩」で連続TOP10入49作目となり、今作で50作目となった。 デビュー42年、「メリーアン」以降33年の活動の中で積み上げた記録となる。今後どこまで記録を伸ばすのか、彼らの活動により注目が集まっている。 今回の偉業に、メンバーからも喜びと感謝のコメントが寄せられた。 **************************************** 【高見沢俊彦】 『今日のつづきが未来になる』はデビュー42年目の今だからこそ歌える楽曲です。 そのニューシングルが50作連続のトップ10となったこと、素直に喜びたいと思います。 それと同時に、長年応援し続けてくれたファンの皆さんには心から感謝致します。 この曲を節目にして、さらなる楽曲を創作して行こうと思っています。 【坂崎幸之助】 50作、33年間という長い期間で達成した記録であるという事と、 長年応援してくれたファンの皆さんの力で達成できた記録であるという事が、 一番の喜びです。ファンの皆さんには当然ですが、この33年間に関わったすべての人に心からの感謝を送ります。 ありがとうございました。 【桜井賢】 正直な話、ホッとしています。 記録が続いていると知らされた時から、この曲のヴォーカリストとして少なからず重荷を感じていましたが、 おそらく僕よりもファンの皆さんの方がプレッシャーを感じていたのではないかと思っていました。 この記録は間違いなくファンの皆さんが作ってくれた記録です。 本当にありがとうございました。 **************************************** THE ALFEEは、現在「春フェス」ツアーの真っ最中。先日5月28日(土)、29日(日)にはNHKホールにてライブを行い、3時間にも及ぶ圧巻のステージを披露した。7月30日(土)、31日(日)には、THE ALFEEの30回目となる夏のイベント「30th Summer! Best Hit Alfee 2016 夏フェス」が横浜アリーナにて開催予定。リリースだけではなくコンサートも走り続けるTHE ALFEEに目が離せない。