28万人が熱狂!BIGBANG 抱腹絶倒のファンクラブイベントツアーが幕
アジアが誇るモンスターグループ”BIGBANG (ビッグバン)”が本日5月29日(日)、4月22日(金)より開幕した日本ファンクラブイベント【BIGBANG FANCLUB EVENT ~FANTASTIC BABYS 2016~】の最終公演を神戸ワールド記念ホールで行い、全4都市27公演28万人動員のアリーナツアーを締めくくった。 昨年11月より今年2月にかけ、海外アーティスト史上初となる3年連続かつ海外アーティスト史上最多91万1,000人動員の日本ドームツアー【BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN】を開催し、ますます絶好調の彼らだが、このイベントツアーは、オフィシャルファンクラブ「VIP JAPAN」会員を対象とした約2年ぶりのファンクラブイベントツアーということで、現在のBIGBANGの人気にふさわしく、ファンクラブイベントとしては超異例の全4都市27公演28万人動員のアリーナツアーという規模で開催されたもの。 抱腹絶倒、爆笑トークオンパレードのゲームコーナーとライブで構成されたこのファンクラブイベント。ドームツアーとは一味違ったBIGBANGの姿をたっぷり堪能でき、ファン参加のゲームではメンバーとじかにふれ合えることもありファンから大好評を博した。 またBIGBANGデビュー10周年へのお祝いコメントとして、EXILE AKIRA、岡村隆史(ナインティナイン)、クマムシ、ゴールデンボンバー、斉藤慎二(ジャングルポケット)、斎藤司(トレンディエンジェル)、秦基博 、パンサー、松本利夫、観月ありさ、山本リンダ (※敬称略・50音順)といったBIGBANGにゆかりのあるアーティスト・タレントより寄せられたムービーコメントもイベント中に流され、会場の大きな反応を呼んだ。 今後のBIGBANGだが、7月29日(金)・30日(土)・31日(日)に、韓国本国デビュー10周年を記念したスタジアムライブ【BIGBANG 10th Anniversary Stadium Live 2016 in Japan (仮)】を大阪・ヤンマースタジアム長居にて開催予定。自身初のスタジアムライブ3日間で計16万5,000人を動員する見込みだ。 V.Iの日本ドラマ出演は「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件」(13年/日本テレビ)より3年ぶり、日本映画への出演は本作が初となる。