PASSPO☆が「BAND」初ワンマンで魅せた新たな可能性
アイドルグループPASSPO☆のクルー(メンバー)が、各々の楽器を担当し、バンド編成で活動を行う”BAND PASSPO☆”が5月28日に原宿アストロホールにて、初のワンマンライブを行った。 PASSPO☆の通常フライト(ライブ)において、バンド編成でパフォーマンスをしたことはあったが、”BAND PASSPO☆”としては、初ワンマンライブとなり、チケットは即日即完のプラチナ公演となった。 SEが流れると、どことなく緊張した面持ちのクルーが登場し、機材スタンバイすると、Re:デビューシングル『Mr.Wednesday』からライブがスタートした。 緊張も残る中、2曲を立て続けに演奏し終わると、 「アテンションプリーズ。”BAND PASSPO☆”です!1stワンマンにようこそ!」とPASSPO☆でお馴染みの挨拶。会場に集まったパッセンジャー(ファン)も緊張していることを察した増井みおが「パッセンジャーも緊張してる!!いつも通り音楽を楽しめよ〜〜」と会場を沸かせる。 ライブでは、バンドアレンジされたPASSPO☆の楽曲で、会場を熱くロックに盛り上げ続けながらも、時には、しっとりと楽曲をまとめ上げ、BAND PASSPO☆の様々な表情を見せて行き、PASSPO☆の表現の幅の広さを見せつけていく。 本編が終了すると、割れんばかりの「PASSPO☆コール」に合わせ、クルーが再登場すると『マテリアルGirl』をプレイ。ここで、12月24日に新宿BLAZEでの2ndワンマンライブ開催を発表し、記念すべき1stワンマンライブを『少女飛行』で締めた。 【BAND PASSPO☆ 1stワンマンLIVE@原宿アストロホール】 1.Mr.Wednesday 2.キャンディー・ルーム 3.いたずらロケンロー 4.GPP 5.Pretty Lie 6.Shiny Road 7.2DAYS 8.No.1 boy 9.BREAK OUT!! 10.WANTED!! 11.Perfect Sky EN1.マテリアルGirl EN2.少女飛行