指原莉乃 有吉に「AKB48よりE-girlsが良い」と言われ愕然
個性派芸能人、文化人が様々な反省をカミングアウトする人気番組、28日放送の「有吉反省会」(日本テレビ系)に見届け人として、バカリズム、友近とともに指原莉乃が登場した。 冒頭、友近の破局報道に触れたMC有吉弘行に「その質問聞こえませーん」と小柳ルミ子が離婚報道の時に発言した言葉を物まねし、有吉は「古すぎる!」とそんな昔の細かいところを切り取る友近に、笑いながら感心。指原には「今年もAKB48総選挙(に出る)?」と聞き、指原は笑顔で「はい!史上初の連覇がかかっています」とアピールすると、「がんばってくださーい」と、直前の友近の小柳ネタを引用。「もっと熱入れて応援してくださいよー」と呆れた。間髪入れず、友近も同じく「がんばってくださーい」と精のない言葉に、バカリズムが「こんなところで流行るとは…」と苦笑していた。 芸能人のSNSなどをチェックし、話題を提供する「反省パトロール」では、武闘派俳優のやべきょうすけが、イメージに合致しない、大のE-girlsファンであることが発覚。真相を聞くべくスタジオに登場した。有吉は「イメージと違いすぎるので、今後のお仕事に支障がでないか心配で」と話すと、「ボクは“強面”とかで売って行こうとは思ってないんで、いいじゃないですか!?」とカミングアウト。E-girlsの魅力を存分に語ったが、どうも有吉に刺さっていない雰囲気を察したやべが「え?E-girls好きじゃないですか?」と逆質問。すると有吉はおもむろに「AKB48と比べると、確かにE-girlsの方が良いなと思う」と応え、指原はがっくり。「いや、ホント止めてください!」と抗議した。