北原里英が8年ぶり思い出深い公演で「NGT48はまたひとつ前進」
NGT48が5月28日(土)に、 チームNIII 2nd「パジャマドライブ」公演をスタート。1月10日の劇場グランドオープンから行ってきた「PARTYが始まるよ」が5月15日に千秋楽を迎えチームNIIIにとって2つ目となる公演「パジャマドライブ」が初日を迎えた。 NGT48劇場の特徴であるLEDパネルに可動式LEDパネルが開き、円陣を組むチームNIIIメンバーたちが登場。 「新潟から全国へ朱鷺のように羽ばたけますように!」と、キャプテンの北原里英の掛け声とともに公演がスタート。 『初日』をパフォーマンス。新公演では、誰がどの曲を担当するのか、がファンの間でも話題となる所。中学生メンバーに混ざり中井りかがアイドル全開のパフォーマンスで魅せた『天使のしっぽ』、ダ ンス、歌唱ともにNGT48でトップレベルの佐藤杏樹、本間日陽、山田野絵の3人による『パジ ャマドライブ』、加藤美南と山口真帆による『てもでもの涙』、副キャプテンの荻野由佳がセ ンターを務める『鏡の中のジャンヌダルク』など、ユニットメンバーが明らかになる度に「お ー!」という歓声が会場から沸き起こった。 中でも北原は、バックダンサーとして劇場デビューを飾った『純情主義』を8年越しで新潟で演じることに。 MCコーナーでは、これからの公演で行っていく企画をメンバーがプレゼン。高倉萌香の「お かっぱのキノコ講座」や中井りかの「りか姫の女子力講座」など個性的な企画が次々提案され、今後採用されるのかどうか、決定されるそうだ。 アンコール明けでは、これまで『ワッショイB!』『バッチコイK!』などのタイトルで各チ ームが個性を出してきた楽曲が、NGT48バージョンでは『ラブラブNIII!』として披露。『ラブラブ』には、NIIIメンバー同士がラブラブという仲の良さやファンへの愛、劇場がある「LoveLa(ラブラ)2」などの意味が込められているという。 ラストの『Maxとき315号』では、新公演に合わせ作成された映像とともにパフォーマ ンス。新幹線Maxときが、朱鷺や(今村支配人と思われる)自転車を漕ぐ熊と一緒に銀河を駆け抜ける中、メンバーのキャラクターを表すイメージが展開されラストを飾った。 【北原里英(NGT48 キャプテン)コメント】 「パジャマドライブは、私にとっては初めて振り入れを経験した思い出深い公演です。8年ぶりでしたが、体が覚えていて、それには自分でもびっくりしました。メンバーもドラマの撮影などでなかなかスケジュールが合わず、結局全員で通しリハーサルをできたのは1 日だけでした。それでも、アンダーを務める研究生たちが不参加のメンバーの代役をきっちりこなしてくれたおかげもあり、初日を無事に迎えることが出来ました。今日参加はできませんでしたが、ゆきりん(柏木由紀)もメンバーの相談に乗って、忙しい中、アドバイスをくれていました。初めての公演が切り替わるという大きな出来事でしたが、26 名全員の力で乗り切ることが出来、NGT48 はまたひとつ前進したと思います。これからも、もっといい公演にできるよう、メンバー皆で頑張っていきますので、よろしくお願い致します。」 (C)AKS