May J. 新曲レコーディングにつんく♂と小室哲哉が同席
先日都内スタジオで行われた、May J.が8月3日にリリースするニューシングルに収録される新曲、『Have Dreams!』日本語版のレコーディングにつんく♂と小室哲哉が参加した。 『Have Dreams!』は、NHKワールドTV/BSプレミアム「J-MELO」の2016年度4月からのオープニングテーマ曲として、つんく♂(作詞)と小室哲哉(作曲)の初の共作をMay J.が歌うということで話題となっており、英語版が先行して4月15日より配信され、今回はその日本語版のレコーディングという。『Have Dreams!』英語版レコーディングに続き、日本を代表する音楽プロデューサーであるつんく♂と小室哲哉、そして歌姫May J.が再び一同に会し、スタジオは厳粛とも言える緊張感に包まれながらレコーディングが始まった。 「英語版よりも譜割りがかなり難しかったけど、つんく♂さんのものすごく参考になるヴォーカルディレクションで、また新たな発見と気付きがあった」と語ったMay J.に小室は「こういったミディアムテンポの難しい曲をしっかり歌いこなせるのは今の日本にはMay J.しかいないよね」と労った。 8月3日発売のMay J.ニューシングルには『Have Dreams!』英語版・日本語版の両音源と、この日のレコーディングの模様が映像として収録されるという。なお、先だって行われた『Have Dreams!』英語版のレコーディングの模様は既にYouTubeで公開されている。また、iTunesなどでも配信しているので、こちらも是非チェックしてみてほしい。