M.S.S Projectまさかの!?初のシングル発売
ゲーム実況に音楽制作を軸に、声優、小説執筆など形に囚われない活動で様々な楽しみを提供するFB777、KIKKUN-MK-Ⅱ、あろまほっと、eoheohの4人からなるユニットM.S.S Project(以下MSSP)。そんな話題沸騰中の彼らが、待望の新作『Egoisit Unfair』を5月25日に発売する。その発売を記念してドワンゴジェイピーnewsは特別インタビューを行った。前篇、後篇に渡りお送りいたします。前篇は『Egoist Unfair』について、楽曲制作の裏側話を交え、おなじみのハイテンションかつ脱力極まる会話で、濃密に語ってもらいました。 —『Egoisit Unfair』発売おめでとうございます。シングルというフォーマットでの発売は初ですね。 FB777(以下FB) そうなんです、まさかの初なんです。第一、今までシングルを出してなかったのか!と。 KIKKUN-MK-Ⅱ(以下:KIKKUN) 普通ならシングル出してアルバム出すもんね。 あろまほっと(以下:あろま) 逆を行くという。 KIKKUN MSSPが普通のことをやってもしょうがないじゃないよね。…と別に狙ったわけじゃないんですけどね。 FB まず、狙えるわけがないし(笑)。 KIKKUN まぁ、カッコつけたテイで進めていきましょう(笑)。 FB そこね!MSSPらしく裏をかいた、かのように見せかけて。 eoheoh(以下:eoh) 実は何も考えてないという(笑)。 KIKKUN だから今のうちに裏をかいての戦略だった、ということにするための既成事実を発売日までに練ってる最中です。 —これから裏取りを固めて行くと(笑)。『Egoist Unfair』はアニメ『影鰐-KAGEWANI-承』のテーマとして起用されました。前作『影鰐-KAGEWANI-』のテーマ『Arrival of Fear』(アルバム『M.S.S.Party』収録)に続き二作連続での起用です。『Egoist Unfair』はどのようなコンセプトで制作されたのでしょうか? KIKKUN 『Arrival of Fear』に続いて僕が作詞作曲を担当したんですけど、実は『Arrival of Fear』を作った時に、僕なりの『影鰐』の世界観というものを全部出し切ってしまったんです。まさか再びMSSPが任されるとは思ってなくて…。出し切った状態で、これからどうするんだ!?と考えた時に、作品世界に寄せながらもMSSPらしさも絶対に失いたくないなと思い、『Arrival of Fear』以上に中二病感溢れる言葉や音作りを意識しました。だから歌詞には「紅蓮の楼閣」「瓦礫の塔」とかカッコイイ言葉がふんだんに入ってます…「瓦礫の塔」はゲームからとったんですけどね。 あろま 『影鰐』からじゃないのかよ! KIKKUN 瓦礫の塔は『影鰐』に出てこないじゃん(笑)。今までやってきたゲームの知識や要素をフル活用した内容になってます。音に関しては『影鰐』のホラー要素を活かしたくて、ヘヴィな部分を大きくフィーチャーしたりと、今までと違う作曲観点で作りました。 —FBさんは、『Egoist Unfair』を聴かれて、どのような感想を持ちましたか? FB 僕はKIKKUNが作る楽曲に関しては一切口を出すことがないんです。特に『影鰐』のダークな世界観というのはKIKKUNが今まで培ってきたヴィジュアル系、メタル的な音楽要素がハマっていると思うんです。僕はそういう曲を作ることができないので、まさにKIKKUNだからこそ作れた曲だと思います。もう、全部お任せしました。 KIKKUN 全部出し切った後だから、お任せされたのも大変だったんだけどね(笑)。 —あろまさんとeoheohさんは製作に関して、何か意見を言われたりは? あろま 楽曲制作に関しては何も。基本二人に全てお任せ。だって、意見とかいらないでしょ? KIKKUN いやぁ〜、オレは別に聞く耳持たずじゃないからさ、そんなことは…ないよ。 eoh その含みはなんだよ(笑)。ボクに関しては『影鰐-KAGEWANI-承』を観て、初めて曲を聴いたぐらいなので、何とも言えません。 一同 (笑)。 —ファンと同じタイミングで聴いたんですね(笑)。 KIKKUN なんだよそれ!(笑)。 eoh いいじゃん、ファン目線なんだよ。 —ファン代表としての感想は? eoh タイトルなんだっけ? 一同 (爆笑) FB それ、アカンやろ!! あろま ファン以下だよ! eoh うん、そんなにファン目線に立ってなかった。タイミングが一緒だったというだけ。しかも「タイトル、覚えにくいなぁ」と思ってた。 KIKKUN じゃあなんだ、今からタイトルを『チョモランマ』に変えるか? eoh それなら覚えやすい。 FB イヤや!『Egoist Unfair〜チョモランマ〜』とか(笑)。 eoh それで感想なんだけど、曲調がヘヴィですごく良いなと思った。アニメでは全部流れないからその後フル尺で聞かせてもらって「きっくん、今度はこういう曲を作ったのか」と思いました。 KIKKUN 感想じゃなくて事実を述べてるだけだぞ、それは!(笑)。 —(笑)。現在放送中のアニメでは一部分しか流れてません。あの尺だけじゃ物足りないよ、という方にここが聴きどころだという部分を伺えればと。 KIKKUN 僕はギターを弾きながら楽曲を作る際に、ライブで披露することを考えるんです。なので、今まで、歌いづらくなるからと激しいリフを積極的に取り入れなかったり、音程の高低や難易度にかなり気を付けて作ってきたんです。でも今作に関しては、挑戦的な意味で今までより歌唱力を求めるような作りにしたり、難しいフレーズを取り入れました。自分の出せる今の限界を全部詰め込んだ楽曲になってると思いますので、ぜひシングルを買った方には今までの楽曲との違いを発見しながら、聴いてもらえると嬉しいです。新たなMSSPの一面が覗けると思います。 FB 長ッ!最後の一言二言でええやん! KIKKUN 俺は熱い男だからさ! あろま その後の俺らは何を言えばいいんだよ! KIKKUN 逆にどう思った? あろま 俺は全然思い入れない! 一同 (笑)。 FB ブッ込むねぇ(笑)。 あろま だってさぁ、なくない?作ってもいないし。 eoh (頷く) あろま だから俺から言えることは、買って経済を回して俺たちにお金を落としてくれ! FB それが本音か!(笑)。真実ではあるけどな。 eoh 俺はそこまでは言わないよ。曲もですけど、ジャケットもカッコよく仕上がってると思うので、ぜひ聴いていただければ。という想いが若干あります。 三人 若干かよ!! FB 一言いらんやん! KIKKUN もっと強い気持ちで言えよ! eoh じゃあ、若干は消してください。 KIKKUN 言うの遅いよ! FB 『影鰐-KAGEWANI-承』とのタイアップということで、MSSP単体では出せない色が出てると思います。それはものすごい新鮮なことですので、新たなMSSPの音楽面をぜひ聴いてもらえたら幸いです。 KIKKUN ちゃんと締めてくれてありがとう(笑)。