NGT48に黄色い声援 女子学生限定公演が大盛況
AKB48の姉妹グループとして新潟県を拠点に活動するNGT48が、5月22日に、特別公演第1弾として、「新潟県内女子学生限定特別公演」を開催した。 新公演開催までの休館期間を活用して、AKB48グループとし初の試みとして行われた「女子学生限定公演」が開演。新潟県内から、小学生から大学生・専門学校生まで、多くの女子学生が集まった。 ステージのLEDパネルが開き、メンバーがステージに登場すると、「キャー!!」という黄色い歓声が響いた。メンバーでの自己紹介挨拶でも、メンバーがコールやレスポンスの仕方を教えながら進行するなど、いつもの公演とは違った雰囲気に包まれた。 トークコーナーでは「学生時代のエピソード」をテーマに、学校で流行っていた(いる)ことや放課後の過ごし方、お洒落の話などの女子トークで盛り上がった。 また、メンバーによる「自撮り講座」も開催。キャプテンの北原里英や西潟茉莉奈らが、これまでに実際に撮影した写真をモニターに映しながら、写真を撮る際に工夫している技やポイントを公開。中でも、自撮りで“盛る”ことに命を懸けているという中井りかの、細部にまでこだわった自撮りのテクニックには、客席からだけでなく、メンバーからも「なるほど~」と感嘆 の声が上がっていた。 女子学生向けの企画の試みとして、用意したSNS用のパネルフレームも大好評。開演前や終演後、ロビーではパネルフレームを持って撮影する女子学生であふれた。公演を観た感想や、気になったメンバーのことなどを、女子学生目線で広く拡散してくれればと期待されている。そして、終演後には、新潟はチューリップなど花の栽培にも力を入れていることから、この日の集まった女子学生らに、記念として向日葵の花がプレゼントされた。今回配布した向日葵は、新潟県新潟地域振興局を通じて「にいがた園芸農産物宣伝会」より提供されたものという。 キャプテンの北原は、スタッフが手渡しでチラシを配布したことや、手探りでトライアルで実施したこともあり、今回の公演を「AKB48の初期の頃のような感じ」と表現していた。 NGT48は、これからも通常公演と並行して「特別公演」を定期的に開催するという。 (C)AKS