大注目アイドルわーすたが「まこみな」と原宿でコラボダンス
メジャーデビュー後、「原宿ジャック」をするなど話題を提供し続けているアイドルグループわーすた。世界標準のアイドルを目指し、KAWAIIカルチャーの次なる担い手として注目を集めている新時代のアイドルだ。 今回の原宿ジャックも、女子中高生に人気のJOL原宿にて「わーすた特大パネル」を展開、竹下通りフラッグジャック、竹下通りのBGMがわーすたの代表曲『いぬねこ。青春真っ盛り』になるいぬねこジャック、JR原宿駅竹下口にポスター20枚が掲出されるなど、5月はとにかく原宿はわーすただらけとなった。 そして、5月22日、JOL原宿にて女子限定イベントとして「わーすたのKAWAII☆SCHOOL」を開催。この日のスペシャルゲストに、女子中高生に大人気の「まこみな」が登場した。まこみなは、仲良し女子高生だった「まこ」と「みなみ」による2人。ダンスが話題となり大注目となっている。 今回、まこみながわーすたの『いぬねこ。青春真っ盛り』サビの振付をアレンジし、一緒に踊るというコラボを実現。会場には、中高生の女子ばかりおよそ100人ほどが集結。さっそく二人がアレンジした振付をレクチャーされるわーすたメンバー。元の振付も可愛らしいものだが、まこみなの振付は、猫と犬のしぐさを全面に可愛らしく出したアレンジとなった。 あまりの可愛さに、会場からも「可愛すぎる、ヤバい」との声がアチコチから聞こえ、さっそく真似しているファンも。しかも、まこみなの二人は『いぬねこ。青春真っ盛り』が好きだと明かす程の相思相愛ぶり。 実際に全員で振付を確認しながらダンス。最後は、見に来ていた会場の女子たちとも一緒に踊り「KAWAII」イベントは終了した。 まこみなの可愛さと、わーすたの可愛さがバッチリと化学反応を起こした今回のイベント。今後も、KAWAIIカルチャーを世界に拡めるために、新しいアイドルとしての姿を見せていって欲しい。