大島優子も「モチベーション上がる」サイレントマジョリティーの魅力
Youtubeでの再生が1400万回に迫る勢いで、余りの好評ぶりに、フルサイズの公開期間の延長が決まった欅坂46のデビューシングル『サイレントマジョリティー』。音楽ファンからもその楽曲のクオリティーの高さが絶賛されているが、AKB48で中心的メンバーとして活躍した大島優子が、自身のTwitterに「本番前にモチベーション上げるのに欅坂46のサイレントマジョリティを観てます。なんかこれ好き」とつぶやき、MVを貼り付けている。 大島は今月30日まで、下北沢・本多劇場と大阪・サンケイホールブリーゼ で、鈴木浩介との二人芝居「美幸」の真っ最中。残酷ないじめに会い、心が荒んでしまった少女”美幸”を熱演している。心身ともに擦り減るであろう役柄を熟す大島には、多数派に靡く大人に反旗を翻す強いメッセージ性を含んだこの『サイレントマジョリティー』が、気持ちを鼓舞させてくれるようだ。 また、「有吉反省会」(日テレ系)で衝撃のすっぴんを披露し、ファンのみならず世間を震撼させたNMB48の井尻晏菜もTwitterで「この曲聴いていると自然と視線が上や前へ向く。気持ちが後ろ向きじゃなくなる。言葉には命が宿っててて秋元先生から生まれる言葉は幸せ者だなーって それをどう表現出来るかは私達次第。」と同じ秋元康プロデュースのもとで表現している仲間として賛辞を送った。秋元氏が紡ぐ言葉が言霊となって、心に突き刺さり、自ずと前を向いて行こうと思わせる力強い歌詞に共感しているようだ。 一般音楽ファンのみならず、現役48グループメンバーやAKB卒業生までも虜にさせる欅坂46『サイレントマジョリティー』。まだまだ話題を呼びそうだ。 [PR]やせてこの夏モテたい!ダンディハウスが30周年記念、モニター募集中