MERRY テツ完全復帰ライブ『NOnsenSe MARkeT FINAL』のアートワークを解禁!
MERRYが今年2月に開催したEX THEATER ROPPONGIでの単独公演の模様をくまなく収録した映像作品『NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階- 2016.2.7 EX THEATER ROPPONGI』のカヴァー・アートワークが解禁された。 彼らの通算8枚目となるアルバム『NOnsenSe MARkeT』に伴うツアーのファイナル公演として開催されたこのライブ。アルバム表題曲『NOnsenSe MARkeT』のミュージックビデオの中で強烈なインパクトのあるビジュアルとファイナル公演のメンバーの1シーンとを融合したカヴァーは“MERRYの生き様”を示す力強く、どこか哀愁感漂う仕上がりになっている。 カヴァーの中では、ガラ(Vo)が放つ勢いとオーラもさることながら、このライブで完全復帰を果たしたテツ(B)の姿が印象的だ。 何かと世間を賑わせる“不倫”に溺れる女心を唄い上げた最新シングル『平日の女』、「目の前の人達を幸せにしたいだけ」とストレートな想いをぶつける『Happy life』から、活動初期の人気楽曲まで全25曲を収録する今作は、15周年を迎えるMERRYの姿をしっかりとパッケージした永久保存版作品になること間違いなし!ツアーダイジェスト映像やメイキング、また臨場感のあるマルチ・アングルを収録した特典ディスク付の初回生産限定盤は数量限定アイテム。気になる人は早めに予約しよう。 そんなMERRYは、現在、『平日のMERRY』と題した特別なライブを渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて開催中。各メンバーが完全プロデュースするこのライブは、ゾンビメイクで臨んだガラ(Vo)DAY、ライブ中に動画・写真撮影可能タイムを設けた結生(G)DAY、2009年の“~TOUR09 under-world [BURST]~”を彷彿とさせた健一(G)DAYを終え、来週5/24(火)にはテツプロデュースの完全着席型ライブ、翌週5/31(火)はネロによる”ライブハウスは法廷だ!セットリスト裁判!”と題された謎めいたライブを控えている。普段とはまた異なるMERRYを体験したいそこのアナタ。是非とも、会場に足を運んでいただきたい。 ライブ写真●中村 卓