西内まりやが竹内まりや、桑田佳祐の代表曲をカバー
かつて「上質な音楽番組」の代表として、TBS系列にて放送されていた「Sound Inn “S”」が、2015年の4月から、BS-TBSにて復活し、毎月、第3土曜日に、レギュラー放送されている。 今月のゲストは、モデル女優としての活動だけでなく、音楽活動では2014年の日本レコード大賞、最優秀新人賞を獲得し、昨年も、自身で作詞作曲した、『ありがとうForever…』で優秀作品賞を受賞した西内まりや。 1曲目は、初めての作詞作曲だけでなく、ピアノの弾き語りにも挑戦した『ありがとうForever…』を、MISIA、中島美嘉など数多くのアーティストの楽曲を支えてきた音楽プロデューサー冨田恵一がアレンジ。昨年末、日本レコード大賞の際も、冨田恵一がアレンジをしていたが、今回はそれをフルサイズで披露する。この曲は、西内まりやが、初めてファンクラブイベントを行った時に、ファンへの感謝をこめて作った楽曲で、思い入れも深い曲。 2曲目は、服部克久アレンジによる、竹内まりやの名曲、『けんかをやめて』。西内にとって竹内まりやは、両親が大好きなアーティストで、自分の名前も、「まりや」ということもありとても親しみを感じているということで選曲。服部克久は、オーケストラでアレンジし、西内も初体験のオーケストラアレンジに感動しながら歌う。 3曲目は、桑田佳祐のソロシングル『波乗りジョニー』を西内がギターを奏でての披露。アレンジは、1曲目も担当した冨田恵一。 【西内まりやのコメント】 「私にはもったいないほどとても贅沢な時間でした。 自分で初めて作詞作曲した『ありがとうForever…』を歌いながら鳥肌立つほど美しいアレンジを作って下さり、自分が作った曲の世界観とはまた違った深い世界観がそこに生まれ、皆様に温かく包み込んでいただいて、いい緊張感の中、心から歌う事が出来ました。 そして、竹内まりやさんの、『けんかをやめて』をカバーさせていただき、服部克久さんのアレンジで、柔らかくも女性の芯を感じる世界観に圧倒されながら、歌わせてもらいました。 服部さんからは、歌詞の中の、「けんかをやめて」という同じフレーズでも、「1つ1つ違う感情でうたってごらん。」と優しくアドバイス下さったり、とても貴重な経験でした。 そして小さな頃から、親の影響でいつもドライブの時聴いていた桑田佳祐さんの『波乗りジョニー』をギターを弾きながらカバーさせてもらいました。 スタッフさんと何の曲をカバーするか沢山話し合いをし、桑田さんの曲を私が歌うという事は、意外さと新鮮さを感じられると言って頂きました。 先入観にらとらわれず、新しい、『波乗りジョニー』が出来たと感じています。 リズミカルでピョンピョン飛び跳ねながらとにかく楽しく皆様と1つになって演奏する事が出来、とても幸せでした。 振り返ると、私にとって本物の音楽を肌で感じさせて頂いた時間だったと共に、1人でも多くの方に届いて欲しいという思いで参加させてもらいました。ありがとうございました!」