東大卒の地下アイドルが「アイドル卒業」「就職活動」抱えた葛藤
現在、最強の地下アイドルとして活躍している仮面女子。地下アイドルとは言いながらも、メジャーアイドルと同じ、いや、時にはメジャーアイドルでも成し遂げられないような大きな活動をし着実に人気を増やしているアイドルグループだ。 その中でも初期から活動するのが桜雪。東大生地下アイドルとしてメジャークイズ番組にも出演、東京大学を卒業し現在は「東京大学学士アイドル」として活動している。 その桜が「葛藤と決意」と題したブログを配信し、ファンの間で話題となっている。 関西テレビ「村上マヨネーズのツッコませていただきます!」収録を行った桜。その内容が「地下アイドルの【はしっこ】の苦悩」というテーマ。 このテーマに対し、「桜雪はアリスプロジェクトで一番古いタレントです。頑張って勉強して東大入って、色んな番組に東大生アイドルとして出演させてもらっていました。それでも仮面女子やアリス十番の曲で落ちサビをもらったり、何かの選抜に選ばれたり、動員が多かったりすることはなく何人もの後輩に抜かされてしまってその度に悔しかったし自分ってこんなもんなのかなとか思うのも嫌だった。」と、いまの自分の置かれた状況を冷静に分析。その上で、東大で培った知力を活かした活動をしたいとしながらも、 「でも【仮面女子の中でも一番になれないのに芸能界で生きていけるわけない】【才能がない】そんな言葉をかけられて言い返すほどの自信は自分にはなくて。そして今まで大切に育ててくれた両親に孝行するためにも働いた方が良いんじゃないか。いつまでも夢を追っていて良いのか。芸能で食べていけるのか。居場所はあるのか。需要はあるのか。社会に貢献すべきじゃないのか。そう悩んだ末に、仮面女子を卒業することを決め、就職活動をするようになりました。」と衝撃の事実を話す。 「このまま芸能を辞めたら多分一生後悔する。安定した道を選んで自分を恨み続けるより不安定な道を選んで自分を応援し続けたい。自分の道を切り拓いていきたい。まだまだ色んな景色を見たい。それが、一度卒業を決めて就職活動をした上での結論でした」と、ここまで様々な葛藤があったことを告白した。東京大学を卒業しながら、地下アイドルとして活動するなんて、日本でも桜しかいないのではないかと思える存在、だからこそ様々な悩みを抱えているのだろう。 葛藤を超え、地下アイドルとして活動を続けることを決意した桜雪の今後に注目だ。