「お掃除」テーマのアイドルグループCLEAR’Sとは?
「街はゴミ箱じゃない」をキャッチフレーズに全国9カ所(仙台・群馬・川越・東京・千葉・横浜・名古屋・大阪・熊本)にフランチャイズ展開しているお掃除ユニットCLEAR’S。 日本全国お掃除計画を目的とし、「街はみんなのごみ箱じゃない!」をキャッチコピーに2011年2月25 日、お掃除好きの女の子4人が集まり結成したアイドルユニット。グループ名は「お掃除ユニット CLEAR‘S(クリアーズ)」とされた。その後、名古屋CLEAR’S、川越CLEAR’Sが結成され全国にフラン チャイズ展開することとなる。 現在、各エリアのリーダーは班長とされ、全国を取りまとめる総班長は東京の沢辺りおん、副総班長を名古屋の高井友里が務めている。 そのCLEAR’Sだが、CDも発売し一昨年9月にデビュー曲『ビ・ビ・ビ・ビューティー!!!』をリリース。オリコンウィークリー8位と予想を超える実績を作り、 昨年3月リリースの2ndシングル『ヨゴしたくないcry』では3位に、同年10月リリースシングル『答えしか知らないツライ』は4位にランクインと売上も高い。 5月15日、メジャーデビュー後、初となる8ヶ所からCLEAR’Sが集合する大イベント「お掃除ユニットCLEAR’Sスペシャルライブ~全国CLEAR’S集合!みんなで一緒に回れ~」を開催。会場には、全国から各地のファンが集結している。各メンバーの紹介から始まり、そのまま全メンバーで2ndシングル曲『ヨゴしたくないcry』を歌唱。Wink『寂しい熱帯魚』の歌唱中にサプライズで鈴木早智子が登場し会場を盛り上げた。 その後また各グループがオリジナル曲を歌唱、ライブの最後にはCLEAR’Sを代表して川越CLEAR’S班長、伊織あいがスタッフから手渡され読み上げると、内容は、今までリリースしてきたレーベルを離れる事、そして新たにエイベックスへ移籍することが、他メンバーとファンへ初めて伝えられ、最後、伊織あいから、「これからも引き続きお掃除ユニットをよろしくお願いします」と力強く締めくくった。 日本を代表するレーベルへの移籍を機に、今後はさらにお掃除ユニットCLEAR’Sにさらに注目が集まりそうだ。