杉原杏璃「グラドルの真実」描いた処女小説がコミック化
グラビアのイメージDVDを34枚リリース。30歳を越えても89-56-80cm、Gカップの魅惑ボディに、ハニーボイスで男性たちを虜にし、バラエティー、ドラマでも大活躍のグラビアクイーン・杉原杏璃。 その美ボディだけでなく、昨年6月にはグラビアアイドルを題材にした小説「……aud LOVE」を発表し、マルチな活躍を見せている。このほどこの処女小説「……aud LOVE」がコミック化されることが発表された。 コミック小学館ブックス”モバMAN”にて5月20日(金)から配信スタート、タイトルは「…and LOVE ~グラビアアイドルになる方法~」となり、画は石紙一氏によって描かれている。 自身の原作小説がコミックなるということに杉原は「私が書いた小説が、今回コミック化していただけるという事で、グラビアアイドルは水着で雑誌に出るコ、というところからどんどん世界が広がっていく事にとても嬉しく思ってます。 グラビアアイドルになる為に!との想いと、挫折やなってからの苦労まで上へ上へ目指す大変さや、プライベートでの一人の女性としての時間や恋愛だったりさまざまなストーリーを漫画家の石紙一さんに素敵に描いて頂いています。 ところどころにコミックでは初めての試みとなる、私のグラビア写真も差し込んであるので、よりリアルにグラビアの世界を感じていただけると思います。コミックでも皆さんに楽しんで頂いた次は、原作を映画化できたら嬉しいです!」と喜びと見どころを話してくれた。 小説発表時は「どこまでが実体験で、どこまでが創作なのか?」と話題を呼んだが、コミック化されその妄想がもっとリアルに奥深いものになるのではないだろうか?杉原渾身のグラビアも差し込んであるとのことなので、配信開始まで待ち遠しい限りだ。