豪華11組のV系バンドが「超ニコびじゅLIVE」に大集結
4月29日(金・祝)と30日(土)の2日間に渡り、幕張メッセで行われたニコニコ動画の超巨大イベント「ニコニコ超会議2016」。 同イベントの中、ヴィジュアル系バンド11組のライブを行った「超ニコびじゅLIVE」。この日だからこそ味わえたコラボステージも登場。1日目の4月29日(金・祝)にはAvelCain / ペンタゴン / カメレオ / DIV / DOG in ThePWOが参加、2日目の4月30日(土)には、A9 / Jin-Machine / Anli Pollicino / アンティック-珈琲店-。さらに、スペシャルゲストでHAKUEI(PENICILLIN)が登場。2日間とも、ニコ生のV系音楽番組「ニコびじゅ」(毎火曜16:00-)でお馴染み星野卓也がMCで登壇。ライブ後に演奏を終えたメンバーらと楽しいトークを繰り広げていた。 このイベントに登場した多くが、次世代のヴィジュアルシーンを担うバンドたち。訪れた観客たちも、ダーク/スタイリッシュ/ポップ/ホラー/正統派/コミカルなどなど多種多様なバンドの共演にも関わらず、どのバンドのライブにもモッシュやヘドバン、咲いたりなどの行為を通し、熱い想いをぶつけていた。むしろ、騒ぎたくなってしまう楽しさや惹きつけてゆく魅力を、どのバンドも与えてたということだ。 さらに両日とも、「ニコびじゅ」だからこそ仕掛けられたスペシャルバンドが登場。1日目は、DOG in ThePWOの春/ミズキ/緩菜、ペンタゴンの眠花、Rayflowerの田澤孝介、DIVのCHISAと将吾が集まり、LUNA SEAの『ROSIER』を。DOG in ThePWOの緩菜に準々、ペンタゴンの千吊に眠花、カメレオのHIKARU、AvelCainの業-karma-が手を組みシドの『嘘』をセッション。 2日目には、PENICILLIN/ライチ☆光クラブのHAKUEIをヴォーカリストに、アンティック-珈琲店-の輝喜、Anli PollicinoのYo-1/琢磨/将寿が演奏を担う形で、ライチ☆光クラブのナンバー『メルヘン☆ジャック』を。さらにアンティック-珈琲店-のみくとAnli PollicinoのShindyを呼び入れ、PENICILLINの『ロマンス -20th ver.-』を披露。 「超ニコびじゅLIVE」ステージが「超アニメエリア」やコミケエリアと同じホールだったこともあり、TBS系テレビアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』エンディングテーマだったシドの『嘘』や、同じくTBS系テレビアニメ『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』のオープニングテーマ曲だったPENICILLINの『ロマンス -20th ver.-』が演奏された時には、多くの漫画・アニメファンが一斉にステージに注目し生で一目見ようと「超ニコびじゅLIVE」ステージに駆け寄る場面も見られた。いずれも、ヴィジュアル系という歴史を語るうえで欠かせない名曲だ。歴史はしっかり踏襲されていることも感じさせてくれた。 ヴィジュアル界の歴史を担い続けているHAKUEI。今、現在のヴィジュアルシーンを賑わせている2日間に渡った出演者たち。そんなヴィジュアル界の歴史を垣間見せてくれたイベントだった。 TEXT:長澤智典