指原莉乃のドラえもんにフット後藤困惑「のぶ代さんに謝れ」
指原莉乃が後藤輝基と共にMCを務める深夜番組「HKT48のおでかけ!」(TBS系)。5月12日深夜放送分では、指原のとんでもないものまねが披露された。 この日の番組テーマが「特技」。トーク部分では後藤は体を鍛えようと思っていると話すと指原は「絶対変ですって」と大爆笑。そんな指原はホットヨガを始めたという。ただ「特技にはならないですね、特技って…無いんですよね」と話せば後藤から「ものまね」が特技じゃないかと無茶振りされる。 ギターと同じでどんどんやっていかないと上手くならないと、後藤は力説。「ドラえもん」とかふると指原は聞いたことがないような下手なドラえもんのものまねを披露。後藤は唖然としながら「のぶ代さんに謝れ」と”ドラえもんといえばのこの声”というほど代名詞である、大山のぶ代に謝罪を要求する場面も。合うやつがあるはずと、きゃりーぱみゅぱみゅの顔真似をするが、後藤は「いやいやいや嘘やん!」とその似てなさに驚き。なぜかきゃりーが原辰徳の顔まねと一緒という摩訶不思議な状況となる。 しかし、この原辰徳のものまねが大好評で、握手会やコンサートでもファンから求められるという。横浜スタジアムで行われた「AKB東西対抗歌合戦」での野球をベースとした煽りVTRでも、スタッフからしつこくお願いされ原辰徳のものまねを撮影をしたというが「使われてなかったんですよ」と憤慨。 またこの日、メンバーからのお願いで二人が「たたいてかぶってジャンケンポン」をすることに。後藤の掛け声の頭にどうしても「あっ!」が付いてしまうことに笑いが止まらない指原に「関西人の根幹を笑うか?」とお怒りモードの後藤だったが、勝負はなんと一回目のじゃんけんで決まってしまうという盛り上がりのない結果に。何回やっても弱い後藤だった。