藍井エイル ツアー「D’AZUR-EST」ついにファイナル!元・Hysteric BlueのTamaとのコラボも
3月19日(土)「HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2」を皮切りに、全国16箇所、約1万人を動員したライブハウスツアー「D’AZUR-EST」のファイナルを藍井エイルが5月11日(水)大阪BIG CATで行った。 このライブは、藍井エイルとしては初となるライブ生中継を実施! ニコニコ生放送でも来場できなかった全国のファンが応援した。 ライブはヒットシングル『IGNITE』からスタート、序盤から一気にボルテージは最高潮に。中盤、新曲『アクセンティア』を披露すると一際大きな歓声に包まれる。本編ラストは『シンシアの光』で大熱狂のうちに本編を締めた。アンコールの冒頭では、元・Hysteric Blueのボーカリスト・Tamaがサプライズ登場し藍井エイルとTama、2人での『春~spring~』コラボ歌唱が実現した。 コラボレーションのきっかけは、藍井エイルのサポートドラムスとして参加している元・Hysteric Blueのメンバーであり『春~spring~』の作詞・作曲者である楠瀬タクヤを始めとしたサポートメンバーが藍井エイルの『春~spring~』カバー曲をプロデュース。 その後、ライブにて藍井エイルが『春~spring~』を披露したのをTamaが絶賛し、今回のコラボレーションへと繋がった。ステージ上で藍井エイルが「同じステージに立てるなんて本当に奇蹟の様です!」と語ると、Tamaは、「『春~spring~』をカバーしてくれてありがとう。これを機にもっとたくさんの人に聴いてもらえると嬉しい」と語った。 ライブ終盤、藍井エイルから「ニューシングル『翼』が7月20日にリリースされることが決定しました!この曲は7月から放送されるMBS/TBS系TVアニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」のオープニングテーマとなっています!」と会場で初めて発表されると、割れんばかりの歓喜の声に包まれた。 全23曲、まさに圧倒的な歌唱力とパフォーマンスでファンを魅了し、ツアーを締めくくった。彼女の今後の活動は、5月20日(金)にシカゴで行われる「Anime Central」に出演、その後ニューヨークへと渡り、5月25日(水)には初のニューヨーク単独公演を開催する。 また、6月23日(木)に“D’AZUR-EST”ツアーの追加公演が東京・NHKホールにて行われる。