指原莉乃 AKBメンバーによる「欲しいものツイート」のウソを暴く
最近ある界隈で話題のひとを招いて、赤裸々トークを繰り広げるバラエティー「指原カイワイズ」。11日深夜放送では、M-1グランプリ2015の決勝に進出してから、その見た目のインパクトと異端児感で人気が急上昇したお笑いコンビ”メイプル超合金”が登場した。 MCの山崎弘也が、安藤なつとカズレーザーの2人を見て「心底好きなじゃない感じがいい。そういう関係じゃないんでしょ?」とツッコむと安藤は「恋愛禁止なんです」と可愛く応え、メンバーゲストの北原里英と宮崎美穂を苦笑させていた。 カズレーザーと言えば、全身赤の衣装のイメージが強いが、自宅を自撮りした映像にも赤の衣装ばかりが並び、最近はファンから赤い服をもらえるようになったとか。山崎は「AKBなんかいっぱいもらえるでしょう?上手い事やらしくなくもらう方法ってどんなの?」と問うと、宮崎が「メンバーはTwitterやっているので、欲しい商品を”引用リツイート”して「これカッコイイな」とか書いて欲しいことを匂わせます」と方法を暴露。すると指原莉乃が「絶対ウソって分かるのが「あー買いに行ったけど売り切れてた!」っていうの、絶対行ってない」とカメラ目線で断言した。カズは「やっぱりやるんだ、分かるわー」」と同意し、山崎は爆笑しながら「じゃあ「売り切れてた」は要注意ね」とファンに向けて喚起した。 ゲストに1万円を渡して何に使うかを密着するコーナーでは2人揃って”まつげエクステ”を体験。施術後プロフィール写真を録り直した。指原は「カズレーザーさんは自分をキレイに見せたい人ですか?」と質問。カズは「人間である以上美しくありたい」と名言を披露。さらに「全身永久脱毛系行ってますから」と話すと、指原も北原、宮崎も”ほー”と言った表情で言葉を失っていた。一方安藤の方は「腿の裏毛あります」という対照的な暴露にまた目を丸くしていた。