Dream Ami 映画『ズートピア』主題歌を動物のオーケストラと共に初歌唱決定
ディズニー映画最新作「ズートピア」の日本版主題歌『トライ・エヴリシング』を歌うDream Amiが、5月13日(金)20時放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」に初出演、初歌唱することが決定した。 映画「ズートピア」は、先月23日の公開とともに、口コミで絶賛の声が拡大。G.Wには驚異的な盛り上がりをみせ、興収50億円達成に迫る勢いをみせている。 そんな世界中が大注目の映画「ズートピア」日本版主題歌『トライ・エヴリシング』をDream、そしてE-gilrsとしても活動しているDream Amiが歌っており、5月13日(金)放送の「ミュージックステーション」にて初歌唱することになった。 さらに当日はDream Amiとズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団の共演による、一夜限りのスペシャルライブとなっている。ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団とは指揮者のオカピをはじめ全て希少動物という金管五重奏 「ズーラシアンブラス」が結成した今話題のオーケストラだ。 Amiの可愛らしくも力強く歌い上げるメロディーとポジティヴな歌詞が魅力の『トライ・エヴリシング』は、「ズートピア」の主人公であるジュディの前向きなメッセージが込められた1曲となっており、この一夜限りのスペシャルライブを是非見逃さないでほしい。