平井堅「歌いっぱなしの1年でした」20周年イヤーのラスト飾る
昨年、デビュー20周年を迎え走り続けてきた平井堅が、5月8日、国立代々木競技場 第一体育館にて20周年アニバーサリーイヤーのラストを飾る全国ツアーのファイナルを迎えた。 この「Ken Hirai 20th Anniversary Special !! Live Tour 2016」は、福岡、大阪、札幌、名古屋、そして東京と、5大都市で8万人を動員。満を持して、来たる5月13日、デビュー21年目の誕生日となる。 ライブ冒頭の「歌いっぱなしの1年でした」というMCどおりのデビュー20周年イヤーだった。まず昨年の5月12日とデビュー記念日となる翌日の13日はライブハウスのZepp Tokyo。次に9月4日から11月23日にかけては約4年ぶりとなるフルバンド編成で全国24ヵ所のホールを廻り、12月23日と24日にはライフワークである全編アコースティック編成によるコンセプトライブ「Ken’s Bar」を横浜アリーナで、そして今年のフルバンド編成によるアリーナツアーと、この1年間は会場の規模を拡大させながら各所でライブ活動を展開していき、全36公演でトータル16万人の動員を記録した。 ライブは、楽しい企画も盛り込まれていた。ホール会場を廻った昨年秋のツアーでも行われ、大好評だった「リクエストコーナー」がそれだ。観客からリクエストを募り、平井堅がアドリブで応えるという趣旨のもので、この日は『Missin’ you~It will break my heart~』と『キャッチボール』の2曲を歌い上げた。リクエストの権利は、特製バズーカから客席へ放たれた直筆サイン入りボールをキャッチした人が獲得することができるというルールなのだが、リクエストする際に平井堅と直接会話ができる。 他にも、気球に乗って場内を一周しながら歌った『KISS OF LIFE』、三代目J Soul Brothersで知られる“ランニングマン”のダンスを間奏部分で披露した『Strawberry Sex』、また、場内を美しく彩る照明やレーザー光線がなど、視覚的にも十分楽しませるパフォーマンスや演出が随所に盛り込まれていたことも今回のアリーナツアーの特徴のひとつだった。しかし最大のサプライズは、新曲が披露されたということに尽きるだろう。20年以上のキャリアにおいて、平井堅が発売前のオリジナル曲をひとつのライブで3曲も歌ったのは、この日が初めてのことだったからである。 まず、アンコール1曲目の『魔法って言っていいかな?』は、Panasonic 4KカメラのTVCMソングとしてすでにオンエアされているもので、6月22日にシングルとしてリリースされることがこのたび決定した。次に、「リクエストコーナー」の直後に歌われた『Plus One』。こちらは、テレビ朝日系木曜ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」主題歌としてオンエア中で、5月25日にDOUBLE A SIDE NEW SINGLEとしてリリースされることはすでに発表されている。DOUBLE A SIDE NEW SINGLEということはもう1曲あって、それが、今回のツアーのファイナルで満を持して初披露された『TIME』だ。 「ぼくが三重県出身ということでお話をいただいた」というこの新曲は、5月26日と27日に三重県で開催される「伊勢志摩サミット2016」の応援ソングとして平井堅が書き下ろしたもの。「僕が生まれたのは三重県の西のほうで、海のないところ。(海のある)伊勢志摩は子供の頃に家族で出かけることがあって、いつも楽しみだった。その思い出を浮かべながら曲を書きました」。 また、『TIME』を紹介するMCでは、この曲に流れという裏テーマを持たせたことについても触れた。「水、川もそうですが、時の流れもそう。人類は変容の中で生きていて、生きているということは、流れの中にいるということ。どうせ流れるのなら、最後は柔らかいところへ辿り着けたらいいなと思うんです」と、未来に視点を据え、フレッシュなアプローチで新曲を完成させたことも明かした。 ライブの最後はいつものようにマイクを通さず、生声で「俺は幸せ者だ! ありがとうございました!」と大声で叫んだ。いうまでもなくそれは、今日のライブに対してだけでなく、20周年を迎えられたことに対するお礼の言葉でもある。 ライブでこれからの平井堅を強くアピールしたことからもわかるように、本人の目はすでに未来へ向けられている。