U-KISS 大盛況の内にイベント終了!TOUR LIVEも発表に
日本初披露となったキソプの韓国語のソロ曲「君のような春」(未発表曲)から始まり、久しぶりに歌唱されたスヒョン・フン・イライのユニットによる「PASSAGE」、2月に発売されたシングルから「Shining Stars」、TBS「ママサカス」のテーマソングになった配信限定曲「ぼくだけのヒーロー」を前半で歌いあげた。 今回のイベントは、空港コントとゲームそして、LIVEが10曲という盛りだくさんな内容。空港コントでは、スヒョンを筆頭にまるでお笑い芸人かのようなやりとりをみせ観客も大爆笑であった。 後半は、映像をはさみ、ステッキ・パフォーマンスが新鮮な「One Shot One Kill」、セクシーダンスで魅了した「Kissing to feel」と最新のリード曲をたて続けに歌い、アルバム「One Shot One Kill」収録の「CRY BABY」を初披露、LIVEで人気の曲「Rock Me」で本編は終了。アンコールでは最近のライヴでは定番になってきている「Action」で盛り上げ、その後のMCで2つの発表があった。 1つ目は、先日発表された「ケビン」のソロ・デビューシングルに同郷の先輩「K」がコラボすることが発表された。ケビンとKとのコラボ曲ということで会場が大歓声に包まれた。そしてもう1つが、ファン待望の7月のTOUR LIVEの開催が発表された。7月16日に大阪のNHKホール、7月20日に福岡の福岡国際会議場、7月22日のファイナル公演は東京の中野サンプラザホールの3箇所でのTOUR開催が決定した。さらに6月に韓国でのリリースが予定されていることも最後のMCとで発表され、ケビンのソロシングルとTOUR LIVEも決定したことにより、今年の夏もU-KISS旋風が日本で吹き荒れることになりそうだ。