チキパ関西ワンマン 現行9人ラスト曲&新衣装披露
6月末にメンバー2名のLA長期留学が決定している、チキパことCheeky Parade。 5月3日(火)、現行メンバー9名でラストとなるワンマンライブ「Cheeky MONTER VOL.2 ~It’s a Small World~」の関西公演となる大阪IMPホールでのライブが開催された。 シングル曲を中心に、6月1日にリリースとなる2枚目のアルバム『Cheeky Parade II』収録される新曲6曲全てを含む、全17曲を披露。新衣装を纏い、結成5年目のCheeky Paradeをフルパワーでみせるライブを繰り広げた。また、同日夜、アルバムのアートワーク、そしてリード曲『WE ARE THE GREATEST NINE9’』のMusicVideoもHPで解禁となった。 ライブ本編は、山本真凜のアカペラから始まるライブverの『M.O.N.ST@R』から。改めて、アイドル規格外のチキパのパフォーマンス力を感じさせるスタート。『Lost+Found』『Happy Fancy Music』『シェケナ!』など、早くもアルバム新曲を出し惜しみなく披露。楽曲性の豊かさが沁みる構成で前半を突き抜ける。 ライブ中盤で、インディーズ時代の楽曲『Peace Smile Girl』をLA留学2名を除いた7名で披露。と、思いきや、曲中で急きょ暗転。そこには新衣装に身を包んだ、山本真凜・鈴木真梨耶が7名にすり替わる様に登場。旅立つまでの限られた時間を全力で楽しむかのように、約5年歌い続けたナンバーを2人で歌い上げた。 曲が終わり、暗転すると残りのメンバーが登場。ここで、アルバムのリード曲となる『WE ARE THE GREATEST NINE9’』が初披露となった。メンバーひとりひとりが年齢順にソロパートを持ち、“この9人が最高!”と胸を張って歌い上げる、チキパらしい、力強いアッパーナンバー。 終盤は『SUPER STAR』『カラフルスターライト』『SKY GATE』『Hungry』『Together』など、特徴的な振り付けで表情豊かなナンバーが立て続けに投下され、会場の熱量は最高潮へ。本編ラストは『Cheeky dreamer』で締めくくった。 アンコールでは、新発表が。6月5日(日)、アルバムのリリース週週末にLAに留学する2名の“壮行会”イベントを行うことが発表された。 LAに留学が決定している山本真凜は「関西でのライブはこれで一度区切りとなります。留学する2年分、今日出し切れたんじゃないかってくらい楽しかったです。有難うございました!」とすがすがしい笑顔をみせる。 鈴木真梨耶は「関西でまたライブがしたいです!帰ってくるまで待っててくださいね!」とコメントすると、実姉の友梨耶が「このワンマンライブのタイトル(It’s a Small World)どおり、世界は狭い、どこにいても一緒!という気持ちで頑張ります。」と力強く語った。アンコールはバラードナンバーの『faith』、そしてデビュー曲の『BUNBUN NINE9’』で締めくくり、大熱狂の中大阪公演を終えた。 東京でのワンマンライブは5月8日、品川ステラボールにて。9人のCheeky Paradeワンマンはこの公演で一度、見納めとなる。