AKB48伝説の番組「有吉AKB共和国」をメンバーが語る
AKB48の研究生や若手メンバーが数多く出演。その奇抜過ぎる企画が伝説となっている「有吉AKB共和国」。今回、この「共和国」で大活躍をした、AKB48島田晴香、伊豆田莉奈、西野未姫が、BUBKA6月号で裏側を話した。 ─「有吉AKB共和国」のお話を聞かせていただく前に……皆さんは高橋みなみさんプロデュース公演の「カオス公演」(2月25日)出演者という共通点がありますね。 島田 「カオス公演」は本当に大変でした(笑)。 伊豆田 ホントにカオスでしたよね。 西野 もうカオスすぎた! 島田 松村(香織)とか(木下)百花ちゃんとかと比べちゃうと、AKB48のカオス度が低すぎて。 ─木下さん、縛られてましたもんね。 西野 私はあれで亀甲縛りを知りました。 島田 「これはやっちゃいけないだろ!」みたいなタブーの領域ってあるじゃないですか。彼女たちはそれがめちゃくちゃ狭いんですよ。 伊豆田 最初は「え、大丈夫?」って思いました。 島田 でも、たかみなさんが「本当に自分たちのやりたいことをやっていいよ」って言ってくださったので。 ─皆さんが「カオス公演」のメンバーに選ばれたのも、やっぱり「有吉AKB」での活躍が少なからず影響していると思うんです。3月28日深夜の最終回の放送から2週間ほど経ちましたが、番組の終了を惜しむ声はメンバー間でも多いんじゃないでしょうか。 伊豆田 寂しいです。こないだ視聴予約しようと思ったら番組表に「有吉AKB」がなくて「そうだ、終わったんだ……」って。 ─スタートが2010年3月。6年も続いたわけだから習慣にもなりますよね。 西野 私はAKB48に入る前、中学一年生のころから観ていたので、いずさん(伊豆田)の尻子玉も知ってました。 ─尻子玉というか河童ですね。 西野 河童は知っていたんですけど、伊豆田莉奈という人のことは知らなくて。「こんなことをやらされるんだ!」ってテレビ番組の企画の怖さを知った番組でしたね。 ─西野さんは「有吉AKB」を通じて完全に「温野菜」好きが浸透しました。 西野 特に「有吉AKBラジオ局」になってからは毎回「温野菜」の話題を振っていただいて。最後の最後に有吉(弘行)さんや小嶋(陽菜)さんと一緒に食べられたので、夢が叶いました。小嶋さんも大絶賛してくれたんですよ! マネージャーさんが「もう次に行かないといけないので!」って急かしてるのに「これ食べてから行くー」ってずっと席を立たなくて。しかもあのときは「温野菜」の社長さんもいらしていたんですが、私の存在を知ってくださっていたんです! ─島田さんは開始した当初から出演されてますよね。 島田 1回目からずっと出させてもらってます。最初は9期の5人のメンバーがレギュラーで出演していて。バラエティ番組の基礎は「有吉AKB」で学ばせていただきました。番組内でちゃんとキャラクターをつけていただけるから、それによってファンの方がたくさん増えました。そういう意味では新しい自分を発掘してもらえた番組でもありますね。 ─他のAKB48の番組と比べてどんな違いがありましたか? 島田 たとえば「AKBINGO!」はアイドルっぽい私たちを見せるイメージがあります。罰ゲームで粉をかぶったとしても最後はアイドルらしく歌を歌って終わったり。でも「有吉AKB」の場合、河童で出たらそのまま河童で終わりますからね。 ─ハハハ。すぐに例として挙がってくる伊豆田さんの河童はやっぱり番組史上でも屈指の強烈なキャラクターですよね。 伊豆田 最初に1~2回呼ばれたあとで初めてのロケがあって。「わーい、うれしい!」って喜んでいたら「いずりなは河童になるらしいよ」って言われたんです。でも意味がわからなくて当日現場に行ったら「はい、塗りまーす」って(笑)。 島田 で、いずりなが緑色になって登場してきて(笑) 伊豆田 初めてのロケでなにがなんだかわからなくて、もうなされるがままでした。それで「シャーッ!って言ってください」みたいな。それからはもう毎回河童でしたね。 島田 でも、それが有吉さんにハマったんだよね。 伊豆田 当時は「なんで私はふつうの顔で出られないんだろう?」っていつも泣いてました。でもいまはファンの方に「河童やってください」って言われても平然とできちゃう自分に驚きです。メイクさんが他の方に代わったときなんて「もっと目の周りに緑入れてください」って自分からお願いするようになっちゃって(笑)。 ─そういえば伊豆田さん、じゃんけん大会も河童のコスチュームで出場しましたもんね。 伊豆田 そうですね。河童もやったし(それでも明るい)安村さんもやりました。「有吉AKB」の申し子ですね。 島田 有吉さんもそんないずりなのことが大好きで。 ─最終回のエンディングの有吉さんの最後の挨拶が「おつずな」だったのは驚きでした。 伊豆田 握手会のとき指原(莉乃)さんに急に話しかけられて「『有吉AKB』の最終回、絶対に観たほうがいいよ!」って言われて。そうしたらあんなことになっていたのでびっくりしちゃいました。 インタビューの続きは…BUBKA6月号にて、撮りおろしグラビアと共にロングインタビュー掲載アマゾンで購入 セブンネット(セブンネットでは衛藤美彩ポストカード1枚封入)