globeドラマプロジェクト第2弾は三吉彩花主演「DEPARTURES」
昨年12月にリリースされた、カバー&ベストアルバム「#globe20th SPECIAL COVER BEST-」が話題となった事も記憶に新しいglobe。デビュー20周年プロジェクトの一つとして、また、小室哲哉が描いた歌詞の世界を象徴的に映像として表現するため、MUSIC VIDEOドラマプロジェクトがスタート。3月に発表された第1弾『FACE』(主演:池田エライザ)に続き、220万枚を超える大ヒットを記録した、彼らの代表曲と呼ぶべき『DEPARTURES』(主演:三吉彩花)がミュージックビデオ・ドラマとなり、YouTubeでの公開がスタートした。 『FACE』『DEPARTURES』など、90年代を象徴する大ヒット曲であるにも関わらず、MUSIC VIDEO自体が存在していなかった楽曲、そして『FACES PLACES』などglobeの代表曲が、時代を超え、現代のファッション・アイコンを主演女優に迎えて映像表現される。 本プロジェクトの第2弾楽曲は『DEPARTURES』。主演を務める三吉彩花は、『DEPARTURES』がリリースされた1996年生まれ。ティーンのNo.1雑誌「Seventeen」専属モデルとして活躍中。また2015年にはテレビドラマ「エンジェル・ハート」にヒロイン香瑩(シャンイン)役で出演し、話題を呼んだ。 <三吉彩花コメント> (撮影しての感想)あれほど泣くお芝居をする経験はなかなか無いので、思い切り演じました。極寒の中、スタッフの皆さんと一緒に頑張れたので、とてもいい作品になったと思います。 (完成した映像を観て)綺麗な背景が楽曲の世界観とマッチしていて、素敵だと思いました。 (globeや楽曲「DEPARTURES」に対しての思い出・感想)globeさんは両親が好きで、幼い頃から馴染みがあり、お話を頂いた時はとても嬉しかったです。歌詞の意味や DEPARTURES のメロディーを大切にしたかったので、自分なりによく考えて演じました。