SUPER☆GiRLSツアースタート 思わぬ暴露話飛び出す
エイベックス初のアイドルグループ“SUPER☆GiRLS”が、5月1日から、ツアー「SUPER☆GiRLS Live Tour 2016 ~SUPER★CASTLE 華麗なる11人のプリンセスたち~」を開幕させた。 初日である5月1日(日)は、大阪の松下IMPホールにて開催された。このツアーは、3月9日にリリースした4thアルバム『SUPER★CASTLE』を引っ提げてのライブツアーで、6月25日をもって、SUPER☆GiRLSを卒業することを発表している、荒井玲良、勝田梨乃にとってはラストのツアーとなる。 ライブは、前島亜美の「宣誓」から、SUPER☆GiRLS第2章の始まりの曲『花道!!ア~ンビシャス』からスタート。『絶対自分前進宣言』、そしてアルバム『SUPER★CASTLE』から『ごめんね。のとなりで』を初披露した。そして、同アルバムのリード曲『華麗なるV!CTORY』と、盛り上がる楽曲が続き、ファンのボルテージは一気に上がり、会場は盛り上がった。 ラストツアーとなる荒井玲良は意気込みを聞かれ、「ついにこの日が来たな!と思います。最後まで駆け抜けていきたいと思いますので、アイドルとしての荒井玲良も、最後まで応援よろしくお願いします!」と話し、また、同じくラストツアーとなる勝田梨乃は、「とうとう、最後のツアーの初日を迎えました!皆さんとこの日を迎えられることを嬉しく思います。最後まで楽しんでいきましょう!」と話した。 そして大阪出身の溝手るかは、「ステージにあがった瞬間に、おかえりと描かれた幕があってとてもハッピーです。全力全開で、燃え尽きるくらい全力で行きたいと思います!」と地元でのライブを喜んだ。 すると突然MC中に、渡邉ひかるが、長いコック帽をかぶり、手にはしゃもじを持って登場。4曲を披露して、もうお昼ご飯のエネルギーが切れたので、料理を食べないと、、、と話し始めると、突然「ミュージックスタート!」と言い放つ。 ステージに、テーブルや椅子、そしてお鍋やおたまなどの調理器具が運ばれると、メンバーが、お鍋で机を叩いたり、おたまでお鍋を叩きリズムを刻み始めた。渡邉ひかるが、しゃもじと得意のタップでみんなを先導し、見事なクッキングダンスを披露した。そして新衣装に身を包んだ勝田梨乃、前島亜美、浅川梨奈、内村莉彩が、アルバムに収録の新曲で、ヒャダインが作詞作曲した楽曲『クラムチャウダーが冷めちゃう月曜日』を初披露。キュートでファンシーな姿をみせ、ファンからは「かわいい!」の声が飛んだ。 続いて、志村理佳、渡邉ひかる、荒井玲良、田中美麗、渡邉幸愛が、新曲『Don’t Stop The Party』を披露。SUPER☆GiRLSには珍しいほどのバキバキのダンス楽曲で、振付は、メンバーの渡邉ひかるが担当し、新しいSUPER☆GiRLSの魅力をみせた。 そして、宮崎理奈、溝手るかの2名による新曲『GLORY』を披露。しっとりとしてバラードで、SUPER☆GiRLSの歌姫と呼ばれ、ソロコンサートの経験もある溝手るかと、舞台出演の続く、活躍目覚ましい宮崎理奈の2人が伸びやかな歌声で会場を感動で包んだ。 新曲『Happy×2 Birthday』は、アルバムを制作する際に、メンバーから誕生日を祝う楽曲を作りたいという意見から作られた楽曲で、全員で披露。楽曲の最後には、ステージ中央で顔を寄せ合い抱き合った。荒井玲良から、「SUPER☆GiRLSが歩んできたこの6年間。嬉しいことも悲しいこともありました。そんな時いつもそばで支えて下さったファンの皆さんには、本当にありがとう以上の言葉はないと思ってます。この曲で皆さんに少しでも、その気持ちを伝えられればと思います」と話し、新曲『トリビュート』と『「サヨナラ」なんて』を披露。 MCで浅川から、「後ろを向いた時に、勝田さんが歌う直前なのに「ありがとう」って言ってきて死ぬかと思った!!」と暴露。その後、『アッハッハ!~超絶爆笑音頭~』『イッチャって♪ ヤッチャって♪ 』などSUPER☆GiRLSの定番曲で、会場は揺れんばかりに盛り上がった。 そして勝田梨乃が、「このツアーがラストになるということで、リハの時からセットリストや衣装に携わらせてもらって、この11人創るツアーが本当にラストなんだって気持ちで、このツアーにかけて頑張ってきました。次に歌う曲は、私がどうしてもセットリストに入れて欲しいとお願いした曲なんですが、『Dear~未来の地図~』を入れて欲しいとお願いしました。その理由は、私たちは皆さんに普段、音楽を届ける立場、そして届ける歌詞が多いと思うんですが、この『Dear~未来の地図~』は私たちメンバーの絆を歌った曲でもあって、6年間を振り返った時に、SUPER☆GiRLSは自分も含めて15人いて、私はその1人1人のメンバー全員に感謝していて、私が続けてこられたのもここにいる皆と、卒業した皆のおかげだなと思っているので、『Dear~未来の地図~』を通して、ステージにたっている皆にも感謝の気持ちを込めながら歌いたいと思います」と話し披露。そして、しんみりとしたムードから一転『ギラギラRevolution』で、一気にファンの盛り上がりを最高潮に盛り上げる。その後、1部では『みらくるが止まンないっ!』、2部では『MAX!乙女心』を披露し、ライブは最高潮の盛り上がりで終了した。 2部では、SUPER☆GiRLS第2章ラストのツアーということで、リーダーの志村理佳が、「SUPER☆GiRLSが結成して、約6年、2章になって2年たって、こうめ(渡邉幸愛)と浅川(浅川梨奈)と、うっちー(内村莉彩)が入ってきてくれて、卒業も出会いもあって、時にはぶつかることもありました。でも、それをこの11人で乗り越えて、必ず最後は笑顔になって、やっぱりこのメンバーが最高だなって思う日が多くて、でもそんな第2章も6月25日で幕を閉じようとしています。先日、玲良と勝田の卒業の発表がありましたが、正直、寂しいですよ。正直ね。でも、一緒にいた日々は絶対に忘れないし、この6年間、そして第2章のこの2年間は本当に宝物の日々だったなと思います。それもここにいるファンの皆さんや、スタッフさんがいなければ私たちは進んで来れなかったと思います。本当に第2章、そしてSUPER☆GiRLSの応援ありがとうございました。」と話した。 2部では終演後、ファンから「アンコール」の声がやまず、元々予定していなかったアンコールが実現。メンバーは着替えようとしていたようで、急いでステージに戻ってきた。そして、1人1人が感想を話す中で、荒井玲良は元々「SUPER☆GiRLSです!」とポーズをとることが恥ずかしいと思っていたこともあるが、今では、あと何回しか出来ないと思うと愛おしくなってきたと話し、会場から笑いが起こった。 また、勝田梨乃はライブが始まるのに際して、1人1人との思い出を振り返りブログに想いを綴っていて、メンバーのことが思っていたよりも好きだということに気づいたといい、「私、最初、2章のメンバーのこと、マジ嫌いだったんですよ!」と驚きの暴露が飛び出た。すると、2章から加入した3人は「感じてました!!(笑)」と答え、「でも、今は本当に皆のこと大好きだし、可愛い妹みたいで、卒業しても皆とはずっと高め合っていける存在でいたい」と話した。そんな驚きの発言も出たが、最後は『華麗なるV!CTORY』を歌い大盛り上がりでライブは幕を下ろした。 SUPER☆GiRLSは、名古屋、仙台、福岡、東京とライブツアーは続く。6月12日には結成から6周年を迎え、同日新宿BALZEにてイベント行うことが発表されている。