話題の17歳HARUHI 歌声に佐藤健と宮﨑あおいも感動
佐藤健と宮﨑あおいの初共演で実写映画化される話題作『世界から猫が消えたなら』(5月14日公開)。 公開を2週間後に控えた5/1に映画「せか猫」イベント試写会が行われ、映画のエンドロール直後に主題歌を担当する話題の17歳新人・HARUHIが登場。デビューシングルとなる主題歌『ひずみ』を生演奏で初披露し、17歳とは思えない歌声に、映画で涙した観客にさらに追い打ちをかける号泣者続出のLIVEとなった。 そして映画出演者から佐藤健、宮﨑あおいがサプライズゲストとして登場。HARUHIの生ライブを見て、佐藤健は「本当に素敵なライブをありがとうございました。袖で聴いててすごく感動しました。」宮﨑あおいからは「透き通るような声で、映画のシーンを思い出す場面もあって、素晴らしい体験をさせてもらえてありがとうございました。」と絶賛のコメントが贈られた。 来週いよいよデビューシングル「ひずみ」が発売となるHARUHI。「ひずみ」は、全国38局のラジオ・CS放送局にてパワープレイにも決定。映画の公開直前に、17歳の大型新人のデビューに注目が集まりそうだ。 またHARUHIデビューシングル『ひずみ』が全国38局の全国ラジオ・CS放送局にてパワープレイに決定!映画『世界から猫が消えたなら』公開にあわせ、5月は全国で『ひずみ』が街の音楽を席巻する。 (C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会