BABYMETAL作曲で話題の「ゆよゆっぺ」が別名義で異例のアルバム発売
開催中の「ニコニコ超会議2016」にて人気の高いボカロ曲オンリーDJイベントにしてボカロ音楽の祭典「超ボカニコステージ2016」。29日(初日)のトリとして、登場したのは、BABYMETALの新曲『KARATE』の作曲も行った気鋭のクリエイター「ゆよゆっぺ」が、DJ、エレクトロ等のダンスミュージックを制作するときの別名義「DJ’TEKINA//SOMETHING」。『Mr.music』『六兆年と一夜物語 』『Fire◎Flower』などの人気ボカロ曲RemixのDJパフォーマンスを行い、会場に集まった約3000人を沸かせた。 MCでは「去年のボカニコでも言ったんだけど、アイドルのRemixCD KAWA-EDMがまだ出せていません!でもやっと出せるのが決まったから!」と待望のニューアルバムの発売を発表し、ニューアルバムの特典楽曲となる、自身の新作オリジナルVOCALOID音源『All Right』を披露すると、会場のボルテージは最高潮に達した。 なお、当日パフォーマンスされたRemix音源は、ほぼすべて『DJ’TEKINA//SOMETHING』自身が制作したRemix音源とのこと。 「DJ’TEKINA//SOMETHING」が、5月25日に発売する話題沸騰間違いなしの異例のRemixアルバム『KAWA-EDM』は、収録されるRemix音源はBABYMETAL『ヘドバンギャー!!』、でんぱ組.inc『でんでんぱっしょん』、Dream5『シェキメキ!』、SUPER☆GiRLS『プリプリ?SUMMERキッス』、Whiteberry『夏祭り』、ウェザーガールズ『恋の天気予報』、東京女子流『鼓動の秘密』、BiS『IDOL』、Cheeky Parade『チェケラ』、ZONE『secret base ~君がくれたもの~』、SPEED『White Love』の全11曲。バラエティに富んだ、どんなサウンドなのか聴いてみたくなる1枚だ。 【DJ’TEKINA//SOMETHINGコメント】 「今や一つの音楽ジャンルとなりつつある「アイドル」と、あっという間に国内の市民権を獲得していった「EDM」これらを両立させてみたらすごく面白いんじゃないかと思い立ち、「KAWA-EDM」を作るきっかけとなりました。一見合わせるのが難しい、フィールドの全然違うものだと思うかもしれませんが、アイドルの可憐さ、EDMのお祭り感、そして双方の持つ「楽しさ」がうまく噛み合い、しっかりと一つの作品の中に溶け込んでくれたと思います。ジャンルや音楽性の垣根を越えていろんな方に手にとっていただけることを願います。」