HKT48劇場移転特別公演に指原不在も「さっしーいなくても村重がいますから」
HKT48が4月28日(木)より福岡市・天神の西鉄ホールへと公演拠点を移し、公演を再開した。 これは、3月31日(木)に福岡市中央区の商業施設・ホークスタウンモール内(閉館)専用劇場での営業を終了し、劇場を移したもの。 「HKT48劇場移転・リニューアルOPEN特別公演」として、全シングル曲を入れ込んだ特別セットリストで公演を行った。西鉄ホールの舞台は、HKT48公演仕様にチェンジ。ステージ左右には花道があり、中央には「お立ち台」としてサブステージが設けられ、ステージ上部には「HKT48 THEATER」のネオンサイン、ステージ前の両サイドには立見エリアがHKT48公演時のみ設置される。 公演の冒頭、全出演メンバーがステージに登場。熊本県出身の田中美久が「今、私たちが出来ることは少しでも多くの方に笑顔を与えられることだと信じています」と話し、兒玉遥が「九州全体にエールを届けられるよう、みんなで全力のパフォーマンスをしていきたいと思います。よろしくお願いします」と挨拶。 1曲目は、博多の名所や名物が歌詞に盛り込まれた『HKT48』でスタート。登場MCではスケジュールの都合により、出演出来なかった指原莉乃の話題に「まぁ、さっしーいなくても村重がいますから!」と村重杏奈の強気な発言に、メンバーをはじめ、会場からは笑いが起こった。 公演中盤の『しぇからしか!』では、ステージ・花道・サブステージはもちろん、客席にもメンバーが登場。会場内を縦横無尽に駆け回る。アンコールでは、新曲『74億分の1の君へ』、そして最後は移転にちなみ『引っ越しました』を全員で披露。多田愛佳が「私たちは本日、ホークスタウンから西鉄ホールにお引越しをしました。専用劇場ではありませんがAKB48グループはやっぱり“会いに行けるアイドル”として劇場を大切にしたいという思いから、ここ、西鉄ホールにお世話になることになりました。これからもHKT48の応援よろしくお願いします」と話した。 (C)AKS