指原莉乃 破天荒ザコシに「まともなかたなんですね」
さまざまなカイワイで話題の人物を呼びトークを展開する「指原カイワイズ」(フジテレビ)。27日深夜放送のゲストは”R-1ぐらんぷり2016”を制した、芸歴24年の破天荒芸人”ハリウッドザコシショウ”が登場した。 今や鉄板ネタとなった古畑任三郎の誇張ものまね”はんまーかんまー”の誕生秘話などを軽妙に語ったザコシショウ。事務所の後輩である”バイきんぐ”小峠からダメ出しされて号泣し、一念発起して”R-1″に挑んだというエピソードを同期であるケンドー・コバヤシから披露され照れまくる場面も。さらに5年前から毎日欠かさずYouTubeにアップしているという画像の一部が紹介され、ゲストメンバーの西野未姫が「バカすぎて、面白すぎて涙出てきます!」とツボにはまってしまった。番組企画の「自撮りカイワイズ」でも普段の生活などを撮らず、自宅でコネタばかりを撮影している画像を見せた。するとMC山崎弘也が「深夜なのか、声小さいし」とツッコむと「いや近所迷惑だって言われるよ」と破天荒とは思えない返答に、峯岸みなみからも「常識人なんだな」と言われ、急に「異常者!異常者!」と暴れまくり。最後に紹介された、渡辺謙のものまね動画に山崎が「いつもものまねをむちゃくちゃしてる人が、なんでちょっと似てるやつやるんですか?」というするどい指摘に、また峯岸が「近年まれにみる常識人ですね」とすまし顔で評し笑いを誘っていた。 “R-1″で優勝した賞金500万円の使い道を聞かれたザコシショウは「うまい棒を1兆本」と計算がまるで合わない答えで誤魔化すが、指原が「産まれてくるお子さんのために車を購入されるという、最終的にまともなかたなんですね」と話すと、峯岸にも「常識人グランプリ優勝!」とまとめられてしまった。このままでは終われないザコシショウは「まともじゃない!」と指原の首を掴んで攻撃したが「全然当たってなかった」と笑顔で言われ、もうお手上げだった。