生田絵梨花 世界一可愛いPERFECT WOMAN
FLASHスペシャル グラビアBEST2016GW号 (FLASH増刊)にて、ぐっと大人っぽいグラビアに挑戦している乃木坂46生田絵梨花。インタビューでは「20歳になるまでには女子力を上げていかないといけないなって思っています。」と語るその心境は? ―今回の撮影はいかがでしたか? 生田 料理、フィンランド民謡、楽器、絵…、これまでに私がやってきたことが凝縮されているような気がしました。これだけで一冊写真集を作れそうだなって。 ―最近、料理を始めたとか? 生田 先日、雑誌の企画で料理をして作ったのがだし巻き卵。先生に教えてもらったから、完璧にできたんですよ! ―本当ですか!? 以前、番組でフライパンを使わずに卵をIH調理器の上に直接割ってのせていた人とは思えませんけど…。 生田 いやいや、火加減から何から完璧でしたよ。でも、家で再度作ってみたら、思ってたのと違うのが出来ちゃって(と言いつつ画像を見せる)。ほら、なぜか右側だけ焦げちゃうんですよ! ―フライパンが火の中心から激しくズレていたと思われます(笑)。でも、大きく進歩しましたね。 生田 もう19歳なので、20歳になるまでには女子力を上げていかないといけないなって思っています。いつまでたっても料理ひとつできないというのも考えものですからね。 ―家事の手伝いはやってこなかった? 生田 お皿を洗ったり食器を運んだりはしてきたんですけど、料理そのものはやっていないですね(笑)。だけど、覚えればちゃんとできるんです! 家庭の味に挑戦してみたいな。肉じゃがとかカレーとか。個性があっておいしい家庭料理を作りたいです。 ―お菓子を作ったことは? 生田 バレンタインには友達とチョコを作るんです。だけど、私は作るふりをするだけで、記念写真を撮ったりして、ごまかしていました(笑)。 大人っぽいグラビア、インタビューの続きはFLASHスペシャル グラビアBEST2016GW号 (FLASH増刊)で!