DISH//北村匠海がドラマ「ゆとりですがなにか」に3話からレギュラー出演決定!
DISH//のメンバーで俳優としても活躍する“TAKUMI”こと北村匠海が、新日曜ドラマ「ゆとりですがなにか」に3話からレギュラー出演することが明らかとなった。 同ドラマは、日本テレビで4月17日から毎週日曜よる10:30~11:25放送されている社会派ヒューマンコメディ。宮藤官九郎のオリジナル脚本に加え、岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥ほか個性派・実力派若手俳優らが主演を務めることで放送開始前から注目を集めていた。 一方、北村といえば今熱い注目を集める、大ブレイク寸前の若手俳優。 『DIVE!!』(’08)で映画初出演して以降、2013年には4人組ダンスロックバンド「DISH//」のメインボーカルとしてソニー・ミュージックレコーズからメジャーデビューも果たした。 “登竜門”として名高い『JR SKISKI』のCMではヒロイン2人から想いを寄せられる男子役として大抜擢され、2016年に公開される映画作品は『信長協奏曲』(公開中)、『セーラー服と機関銃-卒業-』(公開中)、『あやしい彼女』(公開中)、『ディストラクション・ベイビーズ』(5月21日公開)など、話題作がズラリと並ぶ。 2014年には初の武道館単独公演を成功させ、2015年には同じく武道館にて2日連続公演を開催。早くも2016年元日に同場所で公演が決定し、現在は3月から続く全国ホールツアーの真っ只中。 俳優・アーティストと表現方法の違うフィールドで活躍を重ね、支持を拡げるニューケースの存在。その勢いから今後ますます目が離せなくなりそうだ。 ▼北村匠海(DISH//)コメント全文 『ゆとりですがなにか』に出演させていただきます! またしても新たな役柄に挑戦ではあるのですが、とても楽しく演技に取り組む日々です。 映画『あやしい彼女』の出演時にドンピシャのヒントを沢山いただいた水田監督をはじめ、 素敵な先輩方、スタッフの皆さんのあたたかさに包ま れながら、北村匠海『ゆとりですがなにか』の世界に生きております。 そして、水田監督と宮藤官九郎さんがタッグを組んだ作品に参加できてとても嬉しいです! 自分らしく精一杯参加させていただいてます、ぜひご覧ください!