和楽器バンドと織田信成がリオ五輪で共演!?
4月23日、Zepp Nagoyaにて「和楽器バンド JAPAN TOUR2016 絢爛和奏演舞会」が遂に開幕した。年明け1月に初の日本武道館ライブを終え、和楽器バンドとしてのショースタンスを確立させた今だからこそ、あえてロックバンドの原点に立ち返り、オールスタンディングライブとなった今ツアー。この日のライブチケットは入手困難なプレミアムチケットとなっており、Zepp Nagoyaは開場と同時に、埋め尽くされたファンの熱気で溢れかえっていた。 大歓声と共に「Strong Fate」(映画『残穢』イメージソング)でその幕を開けると、その後も疾走感溢れる「戦-ikusa-」やヒット曲「千本桜」などで一気に畳み掛ける。その一方で、曲と曲の合間では鈴華ゆう子(Vo)の詩舞や剣舞、そして箏や三味線のソロパフォーマンスといった演舞が披露され、これまでのロックバンドのライブとは違い、歌だけではない、和楽器バンドならではの大胆かつ繊細なパフォーマンスで会場を魅了していった。 ライブ中盤のMCでは、先日発表されたが、改めて鈴華が「和楽器バンドが“テレビ東京系リオ五輪中継テーマソング”を手掛けることが決定しました!」と感謝のメッセージをファンの前で報告。「魂を揺さぶるような和楽器バンドの演奏で盛り上げたいと思います!」とその意気込みを語った。 会場内が歓声で包まれる中、鈴華が「今日はなんと、スペシャルなゲストが駆けつけてくださいました!」というと、リオオリンピック現地でテレビ東京のキャスターを務める織田信成氏が「めっちゃ、緊張してます!」とステージに登場。これまでの和楽器バンドのライブにはない演出にファンは大興奮。織田は「ブラジルは初めてです。夏のオリンピックも初めてです。現地からオリンピックの感動を日本のみなさんに伝えたいです!」と和楽器バンドとともにリオ五輪を盛り上げることを誓った。 そしてライブも終盤となり、和楽器バンドのライブの見どころのひとつ「ドラム&和太鼓バトル」では黒流と山葵のリズムだけで創り出したとは思えないヘヴィなサウンドとそのテクニックで会場が一体となり、本編ラストは「Perfect Blue」で感動的に締めくくった。 ステージからメンバーが去った後、今や定番ともなったファンによる「暁ノ糸」の大合唱が会場中から巻き起こり、その歌声に応えるようにメンバーが再び登場。鈴華が「一緒に盛り上がろう!」と新曲「Valkyrie -戦乙女-」(6月24日発売)を初披露し、アンコールラストの曲「華振舞」では会場中のファンが曲に合わせてタオルを回すという圧倒的な光景に。ファンと共に創り上げた全20曲、約2時間に渡る『絢爛和奏演舞会』は幕を閉じた。 写真:KEIKO TANABE(TAMARUYA)