欅坂46 14歳センター平手友梨奈にタモリ「3、4年前はランドセルだよね?」
22日放送の「ミュージックステーション」に話題のアイドルグループ欅坂46が初出演した。 4月6日「サイレントマジョリティー」を発売した彼女たち、デビューわずか2週間で”Mステ”のステージに立った。センターに抜擢された弱冠14歳の平手友梨奈をクローズアップし、”凛々しい表情””圧倒的な存在感”と紹介。南海キャンディーズ・山里亮太の「カッコよすぎる…なんだあのセンターの凄さっ!」という評価に照れ笑いを浮かべる平手。さらにレギュラー番組で共演中の土田晃之からも「平手が超カッコいいの!」というコメントをもらい、さらに首を横に振り謙遜していた。 そんな平手はタモリから「14歳!?」と聞かれ、「中学3年生です」と応えると、「3,4年前はランドセル背負ってたんだよね」と驚きを隠せない。また「センターどう?」と問われ、「すごくプレッシャーで、緊張するので、いつも舞台袖でメンバーに背中を叩いてもらったりしてます」とあどけない笑顔を見せた。さらに「先輩の乃木坂46さんのような存在に憧れて目指しました。小さいころから少し興味はありました」と話し、弘中綾香アナウンサーからの「ダンスの経験もないんですよね?」の問いに「ぜんぜんないです」とうなずくと、「ないの!?へえ~」とタモリも、スーパーな14歳に感心しきりだった。 タモリは弘中アナからの「(平手が)2001年生まれ」ということを聞いて「ついに超えたか!?」と21世紀生まれの逸材に笑顔を見せた。 欅坂46の”Mステデビュー”は衝撃を以ってお茶の間に届けられた。