宇宙大好き声優 星守紗凪 原石としての魅力
現在、DMM.com POWERCHORD STUDIOより配信中のブラウザゲーム「俺タワー~Over Legend Endless Tower~」で、ワイヤーツイスターの声を担当。2月にはワンマンライブも行なったように、シンガーとしても活動中、「歌う新人声優」こと星守紗凪。 「猫守星の星守村からやってきた村長」を掲げ活動しているように、星守紗凪は、ファンタジーノベルやアニメ作品を描けるだけの細かい設定や物語をみずから作りあげる才能を持った、セルフプロデュース能力に長けた表現者でもある。 「宇宙という存在にメルヘンを感じている」ように、彼女は大の宇宙好き。今、掲げているキャラクターマークも、星守紗凪みずから描いた猫守星。そんな宇宙好きが講じて、このたび宇宙を舞台にした哀切さと感動詰め込んだ恋愛?!舞台劇「宇宙に雨の降る如く」へヒロインのあおい役で出演することが決定した。 4月28日-5月1日に下北沢711で行われる舞台「宇宙に雨の降る如く」。星守紗凪は、この舞台の内容と魅力について、こう語ってくれた。 「私が演じるヒロインの”あおい”は、ずっと宇宙に憧れを抱き、何時か宇宙飛行士になりたいと思っていた女の子なんです。そのあおいが、婚約者であり、NASAのパイロットでもある山神から宇宙旅行をプレゼントされ、実際に宇宙旅行へ出かけたんですね。だけど、そのロケットが宇宙で事故を起こし、あおいと山神が、とある理由から会えなくなってしまいます。しかも宇宙空間には、あおいが大好きで旅行にも持参していたモデルロケットが、事故により宇宙を漂う漂流物として流されてしまいました。山神は、あおいとの接点となるモデルロケットを探すためにNASAのパイロットを辞め、宇宙のゴミの中からレアメタル(希少金属)を回収する船へと乗り込み、そこで宇宙に漂うモデルロケットを探そうとするのが、物語の中心になっています。その宇宙船には、一攫千金を狙って乗り込んだ搭乗員などいろんな人たちがいます。その彼ら彼女らとの関係性の中で生まれるドラマや、山神とあおいとの関係性。なぜ、あおいと山神は逢えなくなったかの背景など、いろんな物語が絡み合いながらも次第に謎が見えてくれば、最後には感動の場面も待っているように、それらをぜひ楽しみに観ていただけたらなと思います。さらに舞台には、スクリーンも設置。物語と関連した映像を映します。ときには、そこへ映された人と会話をしたり、宇宙空間や物語と関連した映像が広がったりなど、そこも見どころ満載のように、ぜひ、この舞台劇を観ていただけたら嬉しいです」 5月21日には、西池袋Hoteyesで行なわれるアニソン系のイベントにも出演。声優/役者/シンガー/モデル/コスプレイヤーなどマルチな活動を行なっている星守紗凪。まずは、目の前に控えた舞台劇を味わいながら、彼女の原石としての魅力に触れて欲しい。そのうえで可能性を感じたなら、これからの活動にも熱い視線を注いでいただきたい。 PHOTO:尾道幸治 TEXT:長澤智典