欅坂46初の全国握手会でライブ 1万人が熱狂
デビューシングル『サイレントマジョリティー』が女性アーティストのデビューシングル初週売上歴代1位の記録を塗り替えた欅坂46が、初となるCD購入者を対象とした全国握手会イベントを4/17(日)に幕張メッセで開催した。 当日は、強風と時折雨も降る生憎の天候の中、のべ10,000人が集まった。握手会に先駆け、特設ステージでミニライブも開催された。 新調されたovertureのあと、颯爽と現われたメンバーに大歓声が上がるなか、まずは『サイレントマジョリティー』を披露。最初のMCで守屋茜が「楽しみすぎて昨夜寝られなかった」と笑顔を振りまくと会場はまた大歓声。織田奈那は12時半開始のライブにも関わらず、緊張して「こんばんわー!」と挨拶、慌てて言い直す織田らしい一幕も。 『キミガイナイ』披露の後、尾関梨香から「あの人の登場です!」紹介され、平手友梨奈がソロ曲『山手線』をしっとり歌い上げ、会場は「友梨奈コール」が飛び交いテンションは最高潮に。続けて今泉佑唯と小林由依のユニット”ゆいちゃんず”が『渋谷川』で息の合ったところを見せると、平仮名けやき坂の長濱ねるがセンターを務めた『乗り遅れたバス』を披露した。 曲間のMCでは、メンバー全員が握手会への意気込みを語り、「私のレーンへ来てください」と可愛くアピールした。 最後は「自分たちにとって、とてもとても大事な曲です」と『手を繋いで帰ろうか』を熱唱。会場と一体になったステージは1時間ほどだったが、大いに盛り上がった。