欅坂46 今泉佑唯、渡辺梨加の光る個性
4月6日発売のデビューシングル『サイレントマジョリティー』が圧倒的強さでチャート初登場1位を獲得した欅坂46。女性アーティストの初週売り上げも、HKT48が持っていた記録を塗り替え、その勢いは留まることを知らない。デビュー前から冠番組「欅って書けない?」(テレビ東京)をスタートさせたが、関東圏だけのローカル放送にも関わらず、17日行われた初めての「全国握手会」の会場は、巨大な幕張メッセ。集まったファンはのべ10,000人とどれをとっても破格のアイドルグループだ。 握手会の前に行われたミニライブでは『サイレントマジョリティー』をはじめ、シングル収録曲を全6曲を披露、1時間ほどのライブだったが会場は熱狂の渦に包まれた。 14歳にしてセンターを任された平手友梨奈の魅力もさることながら、平手の両脇でパフォーマンスする、いわゆる1列目のフォーメーションであるのが小林由依、鈴本美愉、今泉佑唯、渡辺梨加。その中でも注目されているのが今泉と渡辺だ。 ”べりか”こと渡辺はレギュラー番組「欅って書けない?」でも、人見知りな面を見せ、毎回MCの土田晃之、澤部佑を困らせているが、お笑いが大好きで、特にゴー★ジャスの”レボリューション!”というギャグを照れながらも全力で物まねするなど、思い切ったこともできる不思議な魅力を持つ。先日初めての報道陣からの”囲み取材”でも相当な緊張を見せ、質問になかなか声が出せず「怒ってます?」と記者に言われてしまった。一方”ずーみん”と呼ばれる今泉は、清楚な優等生風の美少女。オーディションで選ばれたころから”断トツにかわいい”と言われ、完成された魅力を持つと評判だった。 ライブ中も織田奈那に握手会の意気込みを聞かれた渡辺は、やはり暫し沈黙。「だいじょうぶー?」と心配されるも「…がんばります」と絞り出した。しかしパフォーマンスでは切れ味あるダンスを見せた。 今泉は、おもてなし会で初披露されたユニット、今泉と小林の”ゆいちゃんず”が歌う、名曲との呼び声高い『渋谷川』をミニライブでも披露。小さい体にアコースティックギターを抱え、息の合ったハーモニーも見せ、堂々とパフォーマンスしたが、握手会への意気込みをアピールするコーナーでは「話すこと飛んじゃった」と初々しい一面も見せた。 ”べりか”と”ずーみん”、個性派2人の成長から目が離せない。