NMB48渡辺美優紀卒業を発表 山本彩はAKB48兼任を解除
4月13日、NMB48劇場にて行われたチームBⅡ「逆上がり」公演内にて、NMB48チームBⅡ/AKB48チームBの渡辺美優紀が卒業を発表した。また併せて、山本彩のAKB48チームKとの兼任解除も発表された。 今後に関しては、すべて未定。渡辺美優紀の最終活動日程、卒業公演開催日は、後日改めて発表される。また山本彩の兼任解除による壮行会などの日程も後日改めて発表される。 渡辺本人からは、昨年秋ごろから卒業に関する相談を運営事務局が受けており、昨年末には、本人の中で卒業の意思を決めていたという。 <渡辺美優紀コメント> 「私は、NMB48を卒業します。本当にNMBに入るときよりも卒業することを決めることの方が本当に大決心でした。5年半このステージに立たせてくださった皆さん、本当にありがとうございました。私にとって、とっても素敵な日々でした。そして、すごく幸せでした。やっぱり同期のメンバーが、たくさん卒業していって、見渡すと本当に後輩たちが、キラキラ輝いていて、次世代と呼ばれているNMBのメンバーに“今”を任せたいなと心から思いました。 そして、私は、チームNからチームBⅡになって、この間、甘噛み姫のチームカップリング曲のミュージックビデオの撮影をしているときに、ダブルセンターが、なぎしゅう(渋谷凪咲/薮下柊)だったんですけれども、それを見て、これが、このチームBⅡが観ていきたいとすごく本当に思いました。本当にメンバーみんなにも、1人1人に話したいこととかたくさんあるし、今までスタッフのみなさんやメンバーや(ファンの)皆さんに、人一倍きっと迷惑も心配もたくさんかけてきました。あんまり素直になれなくて、自分の気持ちをちゃんと話して来れなかったけど、本当に心からみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。 そして、さやかちゃん(山本彩)。同い年で身長も同じぐらいで、血液型も一緒で、私は、最後まで友達のように仲良くというかホントの友達のような関係にはなれなかったけど、今までの人生で一番運命の人だと感じました。本当に一番運命を感じた人で、たくさん悔しいことも、誰よりも素直になれなかったけど、私が(山本彩を)一番誰よりもすごい人だということをわかってるし、本当に尊敬しています。ずっと伝えれなかったけど、この場をお借りしたら言える気がしたので、すごく言いたかったので言いました。 本当に、寂しくて、でも、卒業をすると決めてからの方が、すごくもっと今まで以上にNMB48が大好きで、(メンバー)みんなのことも今まで以上に、一番応援していきたいので私も残り少ないんですけども、NMB48のために、全力で頑張っていきたいと思います。本当に感謝してもしきれないぐらい、たくさんの私の思い出がつまっているNMB48なのでこれからもみなさん応援よろしくお願いいたします。」 <山本彩コメント> 「今回のみるきー(渡辺美優紀)の卒業で、NMB48は、またセカンドステージに入るのかなと思います。そこで、みるきーもNMBのためにって言ってたんですけど、私も、ずっと一緒にやってきたメンバーが卒業していくのを今年に入っても、何人もいたし、見届けてきて、もっと自分も何か出来ることないかなと、NMBのために何かしたいなと思って、秋元さんに兼任解除の相談というかお願いをしまして受諾していただきました。もちろん48グループという中で、私も引っ張っていく存在にならないといけないと思うんですけれども、NMB48がこういう状況ということですので私もキャプテンとして、1メンバーとして、NMB48をまだまだ終わらせたくないという気持ちでいっぱいなので、私の正式な(兼任)解除もいつになるかはわからないんですけど、NMB481本で頑張っていきたいと思います。メンバーそれぞれ個人、みるきーもどうぞ皆さん応援よろしくお願いします。」 ■チームBⅡ「逆上がり」公演 出演者 磯佳奈江、市川美織、植田碧麗、大段舞依、上枝恵美加、川上千尋、木下春奈、日下このみ、黒川葉月、渋谷凪咲、内木志、林萌々香、松岡知穂、安田桃寧、薮下柊、渡辺美優紀 また、14thシングル『甘噛み姫』劇場初披露のため、山本彩、白間美瑠、矢倉楓子、須藤凜々花、太田夢莉、吉田朱里、上西恵、藤江れいな、加藤夕夏、村瀬紗英、谷川愛梨、沖田彩華もステージに上がっていた。 (C)NMB48