シドのヴォーカリスト マオがソロプロジェクトを始動
人気バンド“シド”のヴォーカリスト、マオがソロプロジェクトを始動させる。 シドは2008年にメジャーデビュー。ビジュアルシーンの枠を超え、これまでテレビアニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」オープニングテーマ『嘘』、「マギ」オープニングテーマ『V.I.P』『ANNIVERSARY』、映画「貞子3D」主題歌『S』、そして、「黒執事」オープニングテーマ『モノクロのキス』『ENAMEL』などのテーマ曲を担当。数多くのヒット曲を世に放ち、2010年には東京ドーム公演を行うなど常にシーンの一線を走ってきた。 今年1月にはインディーズ時代から最新シングルまでを含む『SID ALL SINGLES BEST』をリリース。活動13年を迎える中、新たな挑戦としてキャリア初のソロプロジェクトをスタートさせる。 「マオ from SID」ではバンド活動とは一線を画した形態での全国各地インストアツアーも敢行、6月22日にリリースされる1stシングル「月 / 星」はダブルAサイドシングルとなっている。 マオの特長である、“力強さ”と“甘さ”が同居した歌声が至近距離でも堪能できることになりそうだ。