ユナクと古屋敬多がミュージカル「プリシラ」にWキャストで出演決定
山崎育三郎主演の日生劇場2016年12月公演 ミュージカル「プリシラ」(演出・宮本亜門)にて、メインとなる3人のドラァグクィーン役のうち、残りの2役の出演者が決定。超新星のユナクとLeadの古屋敬多が、Wキャストでアダム(フェリシア役)を演じることがわかった。バーナデット役は、「ウィズ~オズの魔法使い~」で宮本亜門作品に出演経験もあるベテランの陣内孝則が務める。 ユナクは昨年秋のミュージカル「RENT」での活躍が記憶に新しい。一方、古屋は、「SUPERLOSERZ」で宮本亜門作品に出演経験があり、両者とも注目の若手だ。 「プリシラ」の原作は1994年公開の、3人のドラァグクィーンたちのドタバタ珍道中を描いたオーストラリア映画。 少ない予算で製作されたにもかかわらず世界中で大絶賛を浴び、その奇抜でオリジナリティ溢れる衣裳によりアカデミー賞衣裳デザイン賞も受賞。日本でも劇中の音楽とともに一大ブームが巻き起った。2006年には待望のミュージカル版がオーストラリアにて誕生。ヒット・ソングを散りばめたディスコ・ミュージック、豪華絢爛な衣裳で歌って踊るエンターテイメント満載の舞台は、ロンドン・ウエストエンド、NY・ブロードウェイを含む15か国以上の国にて上演された。   この度、世界を舞台に活躍を続ける宮本亜門による演出、そしてミュージカル界のプリンスとして不動の地位を誇る山崎育三郎が主演を務め、満を持して日本に初上陸となる。衝撃の公演ビジュアル・詳細は随時HPにて公開の予定だ。 【ミュージカル『プリシラ』公演概要】 日生劇場 2016年12月公演 演出:宮本亜門 出演:山崎育三郎、陣内孝則、ユナク(超新星)/古屋敬多(Lead)(Wキャスト) 製作:東宝/エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ