エロ過ぎるジャズピアニスト高木里代子が刺激的な演奏で”泡パ”にデビュー
先日(4月9日)に東京・clubasiaで開催された泡にまみれて踊る音楽イベント「泡パ-THE DEBUT!-」に、セクシー過ぎるジャズピアニスト高木里代子がゲスト出演した。 ステージが暗転し、MC WoWキツネザルの紹介からピンクの泡にまみれるに相応しい水着とショートパンツ姿で高木は登場。 自身のメジャーデビューアルバム『THE DEBUT!』に収録されている『オレンジの衝動』からステージはスタートした。そして『Warehouse Girl』、『MOJO swing』と軽快なエレクトリックジャズサウンドでボルテージはMAXに。熱気とライブに高まるフロアに泡が発射され、東京バブルダンサーズも乱入、露出度の高い衣装にもかかわらず、アグレシッブな演奏に観客は酔いしれた。 MC中では「私もステージに終わった一緒に、泡まみれになりたーい!」と思いっきり、初泡パを十二分に楽しんでいた。「私がきっかけでジャズを知るきっかけや、ジャズファンには私が関わるさまざまなジャンルも知ってもらいたい」とジャズを軸に、縦横無尽に音楽シーンを行き来する高木里代子の実力が垣間見れたステージとなった。 4月16日には、渋谷のJZ Brat Sound of Tokyoで追加公演も開催される。百聞は一見にしかず。ライブを体感してみては?