高橋みなみ「メンバーに出会えたことが、私のこの10年の宝物」
AKB48劇場で行われた「高橋みなみ卒業特別記念公演~10年の軌跡~」。高橋みなみが、最後の劇場公演のステージに立った。 高橋みなみが、ファンへそしてメンバーへステージの上から届けたメッセージを紹介する。 (アンコール明け『背中言葉』歌唱後) 「終わっちゃう…。終わっちゃうなあ…。 今ふと、大島優子が卒業した時に言った言葉を思い出しました。「一番悲しいのはAKB48 を卒業することじゃなくて、劇場から卒業すること(が一番悲しい)」その言葉の意味が今、分か りました。10年毎日ではありませんが、この劇場に立ち、公演をして、来てくださるファンの皆様に育てていただきました。本当に感謝しています。 特別公演ということで、最後なので、やりたい曲を全部やらせていただきました。自己満足かもしれませんが、すごく楽しかったです。本当に楽しかった…。今日で、やり残したことは本当になくなりました。やり切りました。 10年は楽しいことだけじゃなくて、辛いこともたくさんあったし、いっぱい泣いてきました。 泣いた数の方が多かったかもしれません。でも、苦しい時こそ、あらためて自分自身と向き合う時間になりました。なんで自分はAKB48に入ってここまでやってきたのか、それは、偽善かと思われるかもしれないけど、本当に本当にファンの方がいたからだと思います。本当に皆がいなかったら頑張れませんでした。本当に辞めたいと思ったことはないと、ずっと言ってきま した。でもやっぱり、皆さんに言えないようなところで、心が折れそうになることも沢山あっ て、そんな時に「大丈夫?」と言ってくれた皆さんの言葉が私をここまで立たせてくれました。 もうね、言うことがないんだよね…。いっぱい色んなことしゃべってきたし、絶対しゃべれる人だと思われてきたけど、最後は「たかみな」ではなく「高橋みなみ」になってしまうのは、やっぱり劇場だからだと思います。ただただ10年感謝です。最高に幸せでした。今日この日ま で応援してくれた皆さんに「ありがとう」と言いたいですし、48グループを支えくださったス タッフの皆さんにも「ありがとう」と言いたいですし、私が総監督の時についてきてくれて本当にありがとう…。沢山話してきたし、怒ってきたし、本当に申し訳なかったなって思っています。でも、皆は聞いてくれていたから、耳を傾けてくれていたから、今日この日まで、務めてこれたなと思います。 横山(由依)には、本当にこのタイミングで総監督を渡すことになって、申し訳なさも正直あります。でも、分かったのは時間は止まらないんだなということです。ずっとずっと進んでいって14歳から今日で25歳になって、AKB48にずっといたいなと思ったけど、いつかは卒業しないといけない時が来る。さみしいけれど、これからを任せられるメンバーに出会えたことが、私のこの10年の宝物だと思います。これからの未来を残るメンバーに託して、私自身も前に進みたいと思います。『背中言葉』これからも残ったメンバーたち、後輩たちに見せれる背中でありたいと思います。」 (最後の曲「桜の花びらたち」の歌唱後) 「本当に本当に幸せな10年間でした。(集まった卒業生は)皆、卒業の先輩ですが、皆に負けないくらい走っていきたなと思っています。10年は確かに走り続けました。でも、これから先、 止まりたくはないので、ずっと走り続けたいと思います。皆さん、ついて来てください。皆さんとなら、どこまでも行ける気がします。本当に応援してくださった皆さんありがとう。そしてAKB48、10年本当にありがとうございました。」 写真(C)AKS