梅田彩佳 NMB48卒業後初のMV出演
ジャンルを超えた本格派シンガーとして話題のmicci。 4月20日発売のメジャーデビューミニアルバム『1st Diary』に収録の新曲『YES』に、miccie本人と非常に親交の深いNMB48を卒業した梅田彩佳が主演キャストとしてMV初出演を果たしていることがこの度わかった。 梅田彩佳といえば、3月末をもってAKBグループを卒業したばかりだが、今作への出演は卒業後初のソロ稼働作品となる。 男性から女性への一途な想いを綴った今作は、愛し合う二人、カップルのプロポーズにぴったりの楽曲に仕上がっており、MVにおいても、俳優大迫一平を彼氏役に、梅田彩佳と息のあった恋人役を演じている。 MV撮影に参加した梅田は「私は、自身のグループ以外でMVに出演させてもらったのは今回初めてだったんですが、すごく楽しんで撮影できました。何より楽屋が広く使えたのが良かったです(笑)」と語っており、miccieは今回の梅田へのオファーの経緯を「梅田さんとは、以前から友人で仲良くさせてもらっていて。新曲『YES』のストーリーの女性像を思い浮かべた際に、キャストのイメージとして真っ先に思い浮かんだのが梅田さんでした。」と語っている。 順風満帆な日常生活も束の間、喧嘩や誤解、様々な障害を乗り越えて結ばれる二人。終盤に訪れるプロポーズシーン、ドキッとするキスシーンにも大注目だ。 撮影を終えた梅田は「miccieさんの声は優しくて、なぜかほっとするんです。歌詞もすごく好きなところがあって。2番に出てくる「それが僕のしわになれば 幸せ」という歌詞があるんですが、一緒に苦楽をともにしても、それでも一緒に長年歩んでいこうという深みがあるフレーズが素敵なんです。MVでは彼女役として私も体当たりで演技したので、そちらも見所です。」と感想を述べており、miccieは「梅田さんと大迫さんの二人の恋愛の展開、表情に大注目してください。より曲の世界観が伝わるMVになりました。」と自信をのぞかせている。 気になるMVが、本日より公開される。楽曲の世界観と合わせ、こちらのMVもいち早くチェックしてみてほしい。 miccie『YES』