ぱいぱいジャズ美のグラビア披露は初の手ブラ
日本テレビ「有吉反省会」にて「権力あるおじさまたちを誘惑している」として、なぜか「ぱいぱいジャズ美」に改名させられ、その後も話題を呼び続けている「エロすぎるジャズピアニスト」こと高木里代子。 今回、「ぱいぱいジャズ美」としてのグラビアを週刊プレイボーイ(集英社)で披露しまたも話題となっている。 これが最初で最後となる「ぱいぱいジャズ美」としてのグラビアだという高木里代子、しかも初となる袋とじへの挑戦。 自身のブログで「いつもの高木の”夜感”(笑)とはひと味違った魅力をメイクさん、スタイリストさん、カメラマンさん達に引き出して頂いた」と話している通り、青空の下での健康的なボディーが印象的なグラビアに仕上がっている。そんな数々のショットの中でも特に衝撃的なのは、初の手ブラ姿。自慢のEカップバストを片手で押さえつつも隠しきれていない無防備な姿が、袋とじの中に収められている。 ファンからも、「保存しとかないと」「見惚れてしまった」「今夜も寝れそうにない」など絶賛の声であふれた。 ジャズピアニストとしても本格派のぱいぱいジャズ美ことう高木里代子、このグラビアをキッカケに彼女の本格的な演奏を聞いてみるのも良いかもしれない。