聖飢魔Ⅱ「貞子vs伽椰子」で奇跡の“恐宴“決定!「和歌山県警だけでは警備が手薄」
6月18日(土)に全国ロードショーとなる「貞子vs伽椰子」。ジャパニーズ・ホラーにおける2大巨頭、「リング」シリーズ・貞子と「呪怨」シリーズ・伽椰子が遂に共演・対決するこの最恐プロジェクト主題歌を、先日、魔界に帰還したロックバンドの姿を借りた悪魔集団・聖飢魔Ⅱが担当することがわかった。 貞子と伽椰子の対決を聞きつけたデーモン閣下が、構成員を特別要請して再集結。完全書き下ろしとなる新曲『呪いのシャ・ナ・ナ・ナ』を、テーマ曲として歌い演奏する事態となった。まさに奇跡の、共演ならぬ、恐演ならぬ、恐宴が繰り広げられる。このテーマ曲は、映画公開に先駆け、6月15日に小教典(シングル)として発布(発売)予定。 2015年〝地球デビュー30周年″を記念し、1999年の解散から4度目の再集結をするツアーを発表。2016年2月の日本武道館公演を最後に、地球での活動を休止。地球デビュー以降5度目の解散を果たし、再び魔界へと帰還した聖飢魔Ⅱ。4月13日に小教典を発布するだけでも衝撃であったが、映画「貞子vs伽椰子」との異例のコラボレーションの決定により、またもや小教典を発布することになったのは、信者にとっては青天の霹靂。 人類最凶の敵であるロックバンドの姿を借りた悪魔の集団と、世界中に呪いを撒き散らしてきた霊界の二大ヒロイン。果たしてどのようなケミストリーが生まれるのか!? 混乱する人間界に向けて、デーモン閣下によるコメントも発表されている。 【デーモン閣下with貞子、伽椰子、俊雄 コメント】 人間界の者どもにとって、不吉な知らせだ。 この度、6月に魔界・霊界サミットが華々しく催されることになり、我々がホスト役を司ることになった。 この魔界・霊界サミットは、世界中の魔界・霊界のVIPたち―ミイラ男、オオカミ男、ドラキュラ、フランケンシュタイン・・・などが集まる以外にも、今回は特別招致で異界からケロロ軍曹などもやってくるということで、失敗は許されない。 ところがこの状況において、貞子と伽椰子が非常に険悪な雰囲気になってしまい、両名がすぐに戦わないよう吾輩が魔界からやってきて仲裁役になっているわけだが、両名ともどうしても決着をつけたい、腹の虫がおさまらないと言う。そこで、6月の魔界・霊界サミットにおいて、この両名が戦う場をちゃんと用意しようということで話は落ち着いているわけである。 本来ならば、聖飢魔Ⅱは既に魔界に帰還していて、人間界での活動は行わない状態であるが、貞子と伽椰子が戦うというのは大変なことになるので、魔界の和歌山県警だけでは警備が手薄になる。吾輩が聖飢魔Ⅱを特別要請し、両名の決着の場を華々しい音楽で盛り上げる運びとなった。 各構成員とも両名の戦いのために、音楽をつくり、それはそれはイキな曲を用意しているので期待して待つように。 人間どもに不吉なことが次々に起こる魔界・霊界サミットに参加しないという人間どもは我々から特別ひどい呪いをかけることになっているので十分に注意するように。 そして、戦いの場に参加するように。これは最後の警告だ。カッカッカッカッカカカカカ・・・・・・