X21 初めてづくし!小室哲哉プロデュース曲もTOP10入り
第13回全日本国民的美少女コンテスト出身の次世代ユニットX21の勢いが止まらない。 初の新メンバー加入に加え、初の定期ライブの実施を発表と話題を振りまいていたところに、今回、『約束の丘』が、4月11日付のオリコンウィークリーシングルランキングで10位となり、自身初の3作連続TOP10入りを果たした。 同曲は、3月30日リリースされた7枚目のシングル。小室哲哉作詞・作曲で注目となっていた。 先日、レギュラー番組「GO! オスカル!X21」(テレビ朝日毎週金曜深夜1時20分~)で発表となった、X21史上初の新メンバー加入では、この3月で卒業したメンバーと新旧メンバーの入れ替えが行われ、あらためて21人体制となることがわかった。 新メンバーとなったのは 髙村優香、門垣ひかる、川口ゆりな、飯島未賀、犬塚しおり、中里 萌の6名で、全員,第14回全日本国民的美少女コンテストのファイナリスト達だ。 放送翌日の『約束の丘』のリリースイベントにはこの新規メンバー6人も急遽参加。初の公の場となった会場の、たまプラーザテラスは多くの人で賑わい、4月3日の『約束の丘』リリースイベントの最終日のステージ上では、X21初の定期ライブが開催されることも発表されて、会場は歓喜の渦に沸いた。 「今作は小室哲哉さんという素晴らしい方とご一緒することができました。『約束の丘』は今の私達に、そして聞いていただける様々な人々にも共感していいただける曲かと思います。今年は『国民的ソング』を目指して様々な方とコラボしていく予定の私達です。まだまだ未熟な私達ですが、これからも個々の力をさらに高めてグループとしても成長していきたいと思います。一人でも多くの方に笑顔と感動を与えられたらうれしいです」(吉本実憂) これからますますX21からは目が離せなさそうだ。